Categories: ネット証券

『ネット証券で口座開設をおすすめするのときの基準の決め方はサイトによって異なる?』

『ネット証券で口座開設をおすすめするのときの基準の決め方はサイトによって異なる?』

ネット証券でシェアが多い証券会社と言えば

  1. SBI証券
  2. 楽天証券
  3. 松井証券
  4. GMOクリック証券
  5. カブドットコム証券
  6. マネックス証券
  7. 岡三オンライン証券
  8. DMM株

などがあります。

これを見てシェアの順番にネット証券で口座開設するならここがおすすめだ!と言ってランキングしていいのでしょうか?

本当にシステムトラブルやセキュリティーや会社の経営安全性は大丈夫なのでしょうか?

そんなことは「おすすめランキング」を載せている全てのサイトで考えているとは思えません。

もちろん、それは仕方ないことです。

「本サイトのネット証券おすすめランキング」も自然の摂理に基づいておすすめランキングを掲載しています。

自然の摂理とは『利用者に利益をもたらしそうなサービス』です。

一斉大売出し中のサービスはマーケティング費用をかけているわけですから、自然とおすすめするサイトが増えていきます。

それが伸びていくサービスとなります。

人とカネが集まればいいサービスができるというのは自然なことです。

そう考えるとこれも1つの経済理論が働いているような気がします。

おすすめする人は自然な欲求に基づいておすすめしていけば自然と良い、伸びていくサービスが上位に来るわけです。

どれだけ予算をかけるかは企業次第です。

もしも、企業がシステム的に自信がなければ大々的に売り出したりはしないでしょう。

万全の体制を整えて、一斉にマーケティング活動を行うのです。

そう考えると自然に口コミで人気が出てしまったサービスと比べると、システムが混み合って動かなくなったり、在庫切れするよりはずっと理想的なんじゃないかと思います。

そのようなわけでして、おすすめサイトのおすすめランキングは意外といいですよ。

と自作自演のようなことを書いていますが、経済の仕組みを考えればこれも真理かと思わざる得ないのです。

*ただし、はじめから会社として事業の継続性を一切考えない、一時的な利益を得たら逃げてしまうような組織の場合はこの限りではありません。

そのようなサービスだけはおすすめしないように選り分けて紹介しないように気を付けるよう心がけています。

更新日 November 13, 2018, 1:21 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.