『クラウドファンディング、ソーシャルレンディング』おすすめランキング!

『クラウドファンディング、ソーシャルレンディング』おすすめランキング!

  1. 『クラウドファンディングを活用する施策』により2014年に金融商品取引法を緩和する改正案が国会で可決されました。
  2. 金融庁より『金融商品取引法等の一部を改正する法律(平成26年法律第44号)に係る説明資料』が出ています。
  3. クラウドファンディングには『投資型』、『購入型』、『寄付型』の3タイプがあります。
  4. 資金を募って融資を行う『投資型』のものは『ソーシャルレンディング』と呼ばれます。
  5. 『ソーシャルレンディング』には『金融商品取引法の第2種金融商品取引業』の登録が必要です。
  6. 『ソーシャルレンディングの借り手』企業が公開されることになりそうです。2018年中予定。
  7. それまでは引受先が信頼できるか考えて投資を判断する方がいいと思います。
  8. 事業の状況によっては元本を失うリスクもあります。
  9. 『投資』というより『出資』のようなものとお考えください。
  10. 自分にとっての少額の範囲内で行ってください。

詳しくは各社のサイトの説明をご確認ください。

これからの新しい投資や融資の形になるかもしれません。

新しいお金の使い方!

  • 資金が集めやすくなって起業が増えます。
  • 融資型だけでなく購入型、寄付型によって地方経済が活性化!
  • これからの新しいお金の使い方として定着していきます。
  • 若いビジネスへの出資です!可能性にかけてみるのです。リターンを期待しすぎないで!

クラウドファンディング、ソーシャルレンディングへのおすすめの投資方法

  1. 株式投資型のクラウドファンディングでは、投資先の会社、事業内容がチェックできます。非上場株式の購入予約券が貰えるようなものもあります。自分の調査・判断能力を試したい方にはいいかもしれません。可能性のあるベンチャー企業に出資するもので、将来的に株式を売却できなければ元本回収の見込みもありません。M&Aで企業売却される時やIPOにまで至った場合には株式が大幅に高く売却できる可能性があります。
  2. 担保ありの融資型のソーシャルレンディングであっても事業が上手く行かなくなった場合には元本が返ってくるかは分かりません。負債額が担保評価額を大幅に超えてしまう可能性もあります。融資先の情報が匿名の場合は返済能力を調べることもできません。今後2018年中に借り手の情報を公開する方向に進むようなので、それまでは様子を見るのも1つの手です。大まかな投資先のカテゴリとソーシャルレンディング実施元の企業を信じて融資することになります。そのジャンルがこの先明らかに成長する分野の場合には投資を行ってもよいかもしれません。
  3. 融資型(ソーシャルレンディング)は堅実な印象がありますが、いくつかのソーシャルレンディングの運営先で行政指導が入ったり、一部、貸付金の返済の延滞が発生しているようです。
  4. リスクを取って将来有望なベンチャー企業に少額を出資すると考え方を変えるのも1つの手です。ベンチャーキャピタルのように将来的に株式による利益を得るという難しい可能性にかけるものです。また、最新のベンチャー企業の取り組みが最速で見れるので情報源としての活用にもいいです。

『SBIソーシャルレンディング』

名称 SBIソーシャルレンディング
サービス提供会社 SBIソーシャルレンディング株式会社
取り扱いファンドの一例 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド、SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド、SBISLメガソーラーブリッジローンファンド、SBISL不動産バイヤーズローンファンド、SBISLオーダーメード型ローンファンド、他
取引量 ★★★★★★★★★★
募集数 ★★★★★★★★★★
予定利回りの一例(年) 3.2~4.7%、10.0%、7.0%、6.5%、6.5~7.0%
おすすめポイント! 貸付総額39,404,250,000円!【2018年5月15日現在】、1万円から参加可能!貸し倒れ件数0件!3つの手数料無料!
説明 信頼あるSBIグループのソーシャルレンディングです。ファンドの内容がしっかりとしているものが多く安心感があります。これから伸びるジャンルのファンドは人気が高くなりそうです。

ソーシャルレンディングに関するニュース

1 2 3 9

更新日 August 6, 2018, 3:54 pm

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
coin

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。