『キャッシュレス化しておけば増税されてもハイパーインフレになっても気が付かないかも?』という作戦なのか?

あえて、株価や経済についてウェルスナビの柴山さんが包み隠さずに対談されている記事がありましたので引用させて頂きます。

日銀はババをひくのか?量的緩和策の行き着く最悪のシナリオを元財務官僚が徹底討論

ー抜粋ー

小幡 何もできないでしょう。一番のゆがみは、国債を無駄に買っていることですよね。国民の金融資産が1800兆円あるから財政破綻はしない、などとのんきなことを言っているが、財政破綻しなくても、本来はリターンが得られる資産で1800兆円を運用していれば、日本国民の資産は倍増していたはずです。国民は間接的に日銀経由で国債を買わされて、その資金はリターンを生まない社会保障費だとか政府の消費部門で使ってしまっている。

DIAMOND ONLINEより )

やはり、日本経済は危ないと言われていて今まで頑張ってきたからこれからも行けるかなと淡い期待を持っていた人も多いことだと思います。

私もまだいけると信じています。

いずれにしてもアメリカの状況や世界経済で変わってくると思います。

ただ、貯金や国民の資産が国の資産のように扱われていることに驚きを感じました。銀行が運用して増やしていればという意味なのですが、国の財政が破綻したときは貯金も無事では済まなそうだと改めて推測しました。

もしくはインフレに進んでいくのでしょうか?

インフレになる方がたやすいわけですのでそうなった場合の対策だけは個人的に考えて起きたいと思います。

ところで、1万円のスニーカーが100万円になったときキャッシュレス化していないと、海外のハイパーインフレ国家のように山積みの札束を渡すことになります。これはしんどいです。

そう考えるとキャッシュレス化って都合がいいものです。単位を切り替えるのも簡単です。

また、キャッシュレス決済では消費税が少しくらい上がっても気にならなくなってしまうでしょう。

そして、もうどうすることもできない状況に置かれているということが現実にあるようです。

いきなりハイパーインフレしてしまうことはありません。その前に経済の落ち込みが始まりそうだという感じのようです。

資産運用してもそれが減っていくこともありますから一概にはいいとは言えません。

金(ゴールド)を買うか?といっても既に世界中でこういうことを見越して買われていますので値上がり続けてしまっています。

ある意味、金(ゴールド)の上昇を見ると世界経済のやばさが分かるのかもしれません。世界経済が大変なことになると日本も道連れとなるでしょう。

かといって暗号資産(暗号通貨)を買ってもどうなるか不透明でありますし、何も対策がないという気もします。キャッシュレス決済のためのアプリ、ペイサービスはたくさんありますがそこで暗号資産の技術やブロックチェーンの技術を使っているということではないようです。

キャッシュレス化をするのには既存の技術だけで可能だったのかというなにか釈然としないものもあります。LINEペイはYahooウォレットを利用して送金を実現していて、楽天は「みんなのビットコイン」を楽天ウォレットというサービスに変更しました。

たまたまだと思いたいところですが、コインという文字やビットという文字も含まれていません。取引所、交換業者というイメージは湧いてきません。

日本のキャッシュレス化のカギを握る2社においてこのような形になっていますので不透明感は拭いきれない気がします。

今できることはキャッスレスアプリのポイント還元を使ってお得に買い物をするくらいでしょうか?

もしくは経済の下落局面になる前に手持ちの不動産を売却してしまうことなども1つの選択肢としては考えられますがどうでしょう?インフレしているときは不動産を持っていたほうが良さそうです。しかし、固定資産税も高くなってしまいます。家賃が上がるならいいかもしれません。

もしくはアメリカの債券や逆方向に動くETFにでも資産を配分した方が良いということなのかもしれません。アドバイスはできませんがこの記事を通して今後の株価はこういう見通しだと伝えているようにも思えてきます。自分でネット証券でETFを買うか自動投資アプリで買うなどご自身に合った方法で投資をすることもできます。

しかし、何もなくこのまま30年間いまのペースでダラダラしている可能性もありますのであまり真に受けないようにご注意下さい。

更新日 April 6, 2019, 11:37 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。金融商品への投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

記事や引用元の情報には古い情報や記載ミスなどもございます。予めご了承ください。お申し込み、ご購入する前にはサービス提供サイトの「プライバシーポリシー」や「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.