『キャッシュレスカードで使いやすさランキングNo.1はスイカ(Suica)以外にない!?』

『キャッシュレスカードで使いやすさランキングNo.1はスイカ(Suica)以外にない!?』

日本はキャッシュレス化が進んでいないと言われていますが、ずーっと昔からキャッシュレス化が実現していました。

もっとも人が集中する都会のサラリーマンや学生なら全員が利用している定期券です。

毎日の電車やバスの通勤で使う定期券です。

これが最も大きなキャッシュレス市場だと思います。

ほんとうにどれだけのシェアがあることか?

通勤、通学する人のほぼの100%が所有しているというキャッシュレス化率100%。

遅刻をしないで満員電車に足を踏み入れなければいけない使命感の強さ故に日本の社会が実現した結果です。

この交通系キャッシュレスカードが一番使い勝手がいいに決まっています。

スイカ(Suica)が利用できる範囲は全国へ広がりつつあります。時期にJR東日本だけのサービスではなく世界的なキャッシュレス決済手段となるでしょう。

毎日使う定期でケースに入れていて、1社だけ財布に入れたまま「ピッ」っとやるだけで決済が完了するという独占的な占有率と圧倒的な利便性を兼ね備えたキャッシュレスカードがスイカ(Suica)です。

このスイカ(Suica)にクレジットカード機能が付いたものがあります。自動的にチャージされてスイカ(Suica)の面倒さや問題点を解決しています。

人口が多い地域ではこのスイカ(Suica)だけで駅の周りの店ではほとんど済ませることができます。世界一キャッシュレス化が進んだ光景を都会では見ることができます。

駅に併設されたコンビニを利用するユーザーが数%お得だからといって、カバンやポケットからスマホを取り出して指紋認証を解除してアプリを立ち上げて1操作してQRコードを読み取らせるという作業を仕事終わりの疲れた時にするかと言えば、ほぼ面倒くさいからやりたくないという人がほとんだと思います。

財布からクレジットカードを取り出すのも煩わしいから現金を使っているくらいです。ふるさと納税のようにまとまっていればお得感があって面倒でもちゃんと行うのですが、コンビニの数円の差のためにコンビニエンス(利便性)を犠牲にするなら意味がありません。

海外からの観光客にキャッシュレスを使わせたいなら、空港でスイカ(Suica)を発行すれば済む話です。

ところで、スイカ(Suica)で買い物をしたら消費税還元されるのでしょうか?正確には調査します。予定ではされると思いますが、交通費は無理だと思います。

お得な情報やキャッシュレスカードやアプリの情報

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.