投資にはリスクが伴います。投資の判断はご自身でよく考えて判断してください。混雑で送金状況が変わります。送金はテスト送金してから!PoWの未来は暗い?ETH、XRPが伸びる理由は?高騰するイベントカレンダー完成!相場の値動きに注意を!

↑詳しく見る(HOMEへ)


CMEビットコイン先物のチャートと取引時間、取引曜日、ストップ高は?値幅制限について

投稿日:2017年12月14日 更新日:

CMEビットコイン先物のチャート

『BTCF8 1ヶ月先物』

*チャートは5分足です。
チャートが見えている時にリロードすると縦軸が表示されます。

 

『BTCG8 2ヶ月先物』

*チャートは5分足です。
チャートが見えている時にリロードすると縦軸が表示されます。

 

『BTCH8 3ヶ月先物』

*チャートは5分足です。
チャートが見えている時にリロードすると縦軸が表示されます。

 

『BTCM8 6ヶ月先物』

*チャートは5分足です。
チャートが見えている時にリロードすると縦軸が表示されます。

 

CMEグループのサイトで現時点での価格をチェックできるそうです。

CMEビットコイン先物はいつ開始するの?

CMEはシカゴにあり現地米中部時間の日曜日の17:00時からとあります。日本時間にすると『12月18日 午前8:00』からとなります。

CMEビットコイン先物の取引時間と取引曜日

『現地時間』(米中部時間)

日曜日~金曜日 午後5:00(前日の)~午後4:00(毎日午後5:00から60分のBreak)

(土曜日は完全に取引が行われない。)

日本はUTC+9なのため15時間を足します。

『日本時間』

月曜日 午前8:00(前日の) ~ 土曜日 午前7:00(毎日午前8:00から60分のBreak)

(日曜日は完全に取引が行われない。)

http://www.cmegroup.com/trading/equity-index/us-index/bitcoin_contract_specifications.htmlより

CMEビットコイン先物商品はBRR(CFビットコイン参考基準レート)をベースにした先物

CMEは2016年11月14日からBRRとBRTIという2つの指標を開発してそのデータを提供してきました。今回は『BRR』をベースにした4つの商品を提供するそうです!

Bitcoin Futures Calendar

Contract
Month
Product Code First Trade
Last Trade
Jan 2018 1ヶ月先物 BTCF8 18 Dec 2017
26 Jan 2018
Feb 2018 2ヶ月先物 BTCG8 18 Dec 2017
23 Feb 2018
Mar 2018 3ヶ月先物 BTCH8 18 Dec 2017
29 Mar 2018
Jun 2018  6ヶ月先物 BTCM8 18 Dec 2017
29 Jun 2018

https://activetrader.cmegroup.com/bitcoinfutures/より

  • Bitcoin Reference Rate (BRR)
    CMEグループとCF(クリプト・ファシリティーズ社)が開発したCME CFビットコイン参考基準レート
  • Bitcoin Real Time Index (BRTI)
    CMEグループとCF(クリプト・ファシリティーズ社)が開発したCFビットコイン・リアルタイム指数
という2つのビットコインに関する指標がありました。Bitstamp、GDAX、itBit、Krakenなどの取引所の価格が考慮されています。
BRRとBRTIの暫定値はhttp://www.cmegroup.com/ja/trading/cf-bitcoin-reference-rate.htmlで確認することができました。

12月14日のデータは、以下のようになっていました。

  • Bitcoin Reference Rate (BRR)
    $17263.44 Last Updated 13 Dec 2017
  • Bitcoin Real Time Index (BRTI)
    $16492.52 Last Updated 13 Dec 2017 12:01 pm CST
『BRR』の詳しい計算方法は、http://www.cmegroup.com/trading/files/bitcoin-reference-rate-methodology.pdfにあります。

ストップ高、ストップ安は?特別制限値幅が7%、13%にある!
20%を超えての取引は認められない!

http://www.cmegroup.com/ja/trading/bitcoin-futures.htmlに『取引要網』がありそこに記載されています。

1営業日の制限値幅は、毎営業日16時00分(ロンドン時間)に決済される直近のビットコイン先物決済値を参照して算出。
特別制限値幅は前日決済値の上下7%と上下13%に、また制限値幅を前日決済値の上下20%に設定。
前日決済値の上下20%を超えての取引は認められない。

CMEビットコイン先物開始によるビットコイン取引価格への影響は?

Cboeの時はなんだかよくわからないですが、アクセス殺到でWebサイトの方がダウンして、システムは値幅制限で何度か止まったそうです。それで、値動きはどうかと言えば、Cboeのチャートが見えないんだから参考にしようがありませんでした!

CMEのチャートが公開されて誰もが見れるようであれば、ビットコインの仮想通貨取引所での取引価格にも影響されそうですが見えないのでCME側が仮想通貨取引所に牽引されるんじゃないのかと思われます。

今後の期待感から上下しながら継続して上昇し続けるものと思われます。

まだまだ、続々と先物取引が開始されて市場が拡大していく!

これどころかどんどんと畳み掛けるように取引所が先物を開始しそうな勢いです。そして、確実にETFが待っているとみな言っています。そしてそれが恐ろしい勢いになっていき、資産家、投資家、リーダー達が禁止しないとヤバイと言い始めているくらいです。『既存の資産家たちが、、焦っているな、、』と私たちは冷静に見れています。

それはビットコインが確実にメインストリームに載ったからだと思います。今まで資産をたくさん持っていた資産家たちは、ビットコインに世界中のカネが流れると、当然のように自分の非ビットコイン資産が減っていきます。

これまでに自分の資産をビットコインへシフトした資産家たちは落ち着いていて、『ビットコインが1億円になる』とか、『もっと上がる』と言っています。こういうものに懐疑的な資産家にとっては買いのチャンスを逃したという形になったのかもしれません。それで『規制しなきゃヤバイ!』と慌て騒いでいるように見えてきます。

他の株式市場、為替などが落ちていったらまずいとは思いますが、大衆の気持ちは動かせません。もうとまらないのです。たとえ、『リアル経済』が落ちて『仮想通貨経済』が上位に来たとしても、『仮想という文字が取れるだけのことなんじゃないでしょうか???』

それが民衆の気持ちなのです。流れには素直にのるのがいいと思います。


コインを買える取引所を探す

本日の相場状況(総合)を見る!
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る





-ビットコイン『BTC』, 仮想通貨のこと, 仮想通貨ニュース, 金融市場

執筆者:

関連記事

ビットコインの『騙し上げ』??G20のフランスとドイツの書簡!?ホントは世界で下げ材料ばっかりなのに??

ビットコインの『騙し上げ』??ホントは世界で下げ材料ばっかりなのに?? 追記 たまにアンケートに答えると読める時があるようです。 https://www.ft.com/content/03511abe …

もしも、ビットコインを相場操作で3%上げるのに必要なアルトコインの量は?

もしも、ビットコインを相場操作で3%上げるのに必要なアルトコインの量は? 別に為替じゃなくて、バーチャル通貨ですからなんでもいいんですが、もしも仮に今日起きたようなビットコインの一日で3%の高騰を作る …

『高騰しそうなイベントカレンダー』仮想通貨、ビットコインのイベント情報!クリプトカレンシーカレンダー

『高騰しそうなイベントカレンダー』仮想通貨、ビットコインのイベント情報!クリプトカレンシーカレンダー 現在はBTC相場が非常に不安定です。イベントは直前に参考程度に考えた方が良いかと思います。投資の判 …

ビットコインとは何か?家族や友人に簡単に説明するために!

ビットコインとは何か?家族や友人に簡単に説明するために! ビットコインとは? 2008年にサトシ・ナカモトの名前で発表された論文『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic …

エンジニアブログが役に立たない!使えない?というのは事実か?

エンジニアブログが役に立たない!使えない?というのは事実か?   今まで、ITノウハウはエンジニアブログにかぎると思ってきましたけど、それは間違いだったなと思いました。 やっぱり、だめでした …

RSS

 

 

 

FX自動売買ツール『メタトレーダー』
EAランキング

『記事の検索』

 

『記事の検索』

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

メディアへ

『メディア関係者のみなさまへ』

本サイトのコンテンツを貴社メディアで題材として紹介して頂くことは歓迎いたします。本サイトを紹介して頂ければ、こちらへの許可は必要ありませんのでご自由にどうぞ!!

お問合わせはこちらからどうぞ!

おすすめの記事!

 

おすすめの記事!

最近 タイトル

 

最近の投稿