投資にはリスクが伴います。人工知能エンジニアになる!?TradingViewで自動売買する方法は?新作スマホゲーム(Iphone/Android)、CFTCのポジション公開にも注目しよう!

↑詳しく見る(HOMEへ)

CFTCのCboeとCMEビットコイン先物のCOT(ポジションの公開)短期相場の目安に!

投稿日:2018年3月9日 更新日:

CFTCのCboeとCMEビットコイン先物のCOT(ポジションの公開)短期相場の目安に!

Cboeに加えてCMEが参照できるようになりました。


 

CFTCの毎週金曜日にその週の火曜日時点の「Commitments of Traders」(コミットメント・オブ・トレーダーズ)を公表しています。

金曜日の午後(アメリカ時間)に公表されるため、土曜日の早朝(日本時間)に更新されそうです。下のカレンダーのCFTCの投機筋ポジション公開のスケジュールを見ても分かる通り土曜の4:30となっています。

 

経済指標カレンダー

 

CFTCのサイトの以下のページよりポジション公開を見ることが出来ます。

http://www.cftc.gov/MarketReports/CommitmentsofTraders/index.htmより

Current Traders in Financial Futures Reports:
Traders in Financial Futures; Futures Only Traders in Financial Futures; Futures-and-Options -Combined
Financial Long Format  ←ここ Long Format   ←ここでも同じData

 

CFTCのCommitments of Traders公開の見方と履歴

http://www.cftc.gov/dea/futures/financial_lf.htmにbitcoin先物のCboeのポジションだけですが自動的に公開されています。他の商品先物の中にビットコイン先物が混ざっています。機械的なデータです。

例)2018.3.6のポジション公開を例にとって見てみます。(ミスはご了承下さい!)

 

データの見方が詳しく分かりませんでしたので、

https://news.yahoo.co.jp/byline/kosugetsutomu/20180109-00080294/の解説を参考にさせていただきました。正確な見方は↑をご覧ください。

●Dealer Intermediary ディーラー

Long:Short 55:0

金融機関のプレイヤーのポジションです。

●Asset Manager/Institutional アセットマネジメント

Long:Short 0:110

年金基金や投資信託のポジションです。

●Leveraged Funds レバレッジ投資家

Long:Short 1,451:3,824

ここはヘッジファンドや商品投資顧問業者(CTA)のポジションです。

いわゆる従来ながらの大口の機関投資家のポジションのようです。短期的な投機目的だと思われます。

●Other Reportables その他(報告義務あり)

Long:Short 1,276:447

企業や小規模銀行のポジションです。

主にヘッジ目的で売買を行っているそうです。

●Nonreportable Positions その他(報告義務なし)

Long:Short  2,563:964

ここはいわゆる小口投資家ということです。

 

市場全体から見ると売買量が少ないと思いますが、大口の考えていることが見れるため有意義なデータだと思います。

金融機関と年金機構はほとんど興味がなく、大口のヘッジファンドは売りが圧倒的でそれをその他の企業投資家、小口の投資家たちが買いざさえているという図式が見えてくるような気がします。

短期で下げると意気込む大口 VS 上がると信じる小口と企業投資家

どちらの主張が正解となるのか???答えは自分自身で考えるものです!

これは火曜日の集計で金曜日に公開されているわけですので実際には事後報告になっているわけです。

大まかに言えばビジネスタイムの平日は金曜で終わっていますので、CFTCの公開を見て来週の予想を立てて月~火曜にポジションを決めていくのかもしれません。

上げるのは時間がかかって大変ですが下げるのは悪いニュースで一瞬で下がります。

機関投資家たちは下げるために頑張るかもしれません。我々、庶民はパニックニュースに怯え動じてすぐに投げ売りしてしまいます。勝てるかとかそういう次元じゃないです。そもそもその土俵自体が巨人の手のひらの上にあるようなものです。

と思っていましたが、ファンドのShortが非常に多くても逆に相場が上がっている場合もよくありました。

実際にどれくらい影響したのか見てみました。間違っている情報がある可能性もありますし、よくわからないこともありますので全てはご自身で判断してください。

2.27からの3週間の火曜日(アメリカ時間)の夜に青い線を引いて見ました。この3週間はファンドのポジションがShortがLongの2倍以上ありました。

2月の前半ではファンドは4倍のShortを持っていますが30%も値上がっています。

必ずしもファンドが勝利するわけではないようです。

過去の履歴は以下のCFTCのサイトからさかのぼって見ることができます。

http://www.cftc.gov/MarketReports/CommitmentsofTraders/HistoricalViewable/index.htm

 

CFTCのビットコイン先物のポジション公開データ

実際のデータ

最新のCFTCのサイトの公開データはhttp://www.cftc.gov/dea/futures/financial_lf.htmで毎週更新されるのでご覧ください。

 

2018.5.15 Longが少し減ったようです。

 

2018.5.8 CboeのShortが減りません。。取引量が少しずつ増えているようです。

 

2018.5.1 Shortは減る傾向にあります。CMEではLeveraged FundsのLongがShortに追いつきそうです。

 

2018.4.24 さすがにShortが減ってきました。

 

2018.4.17

 

2018.4.10 Cboeに加えてCMEが参照できるようになりました。

 

2018.4.3

 

2018.3.27

 

2018.3.20

 

2018.3.13

 

2018.3.6

 

2018.2.27

 

本サイトの先物市場の記事


コインを買える取引所を探す

本日の相場状況(総合)を見る!
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る


-ビットコイン『BTC』, 仮想通貨ニュース, 先物市場

執筆者:

関連記事

仮想通貨の将来は?アンダーグラウンドで必ず生き残る!なくすことは不可能!

仮想通貨の将来は?アンダーグラウンドで必ず生き残る!なくすことは不可能! *現時点では日本の法律では禁止されていません。未来の予測です。事実と異なることがありますのでご注意下さい。 P2Pの音楽、著作 …

過去にビットコインが暴落した日付、日数、下落率%は?

Charles Hoskinson氏のTwitterより 過去にビットコインが暴落した日付、日数、下落率%は? こうやってみると、過去に1番下落していた時期が終わったのは2015年の1月14日ですが、 …

仮想通貨は嫌という人のために!CMEのビットコイン先物を日本で買える証券会社はどこ???

仮想通貨は嫌という人のために!CMEのビットコイン先物を日本で買える証券会社はどこ??? CMEの開始が12月18日からですので、日本ではまだ後日になると思いますが、 仮想通貨取引所ではなく、従来の証 …

中国、アメリカでICO禁止でイーサリアム(ETH)が終わる?

中国、アメリカでICO禁止でイーサリアム(ETH)が終わる? 香港の証券先物委員会(SFC)がICOを証券として扱う可能性を示唆。 アメリカSECは2016年に発行されたICOトークンを証券として扱う …

仮想通貨って戦隊モノレンジャーが戦っているようなもんだと思う

仮想通貨って戦隊モノレンジャーが戦っているようなもんだと思う よく遊園地とかで時のなんとかレンジャーが着ぐるみ着て戦うアトラクションがやっているけど、ビットコインってあれと同じだと思うということです。 …

RSS

 

 

 

株式自動売買ツール販売
『terrace(テラス)』のランキング

 

FX自動売買ツール『メタトレーダー』
EAランキング

『記事の検索』

 

『記事の検索』

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

メディアへ

『メディア関係者のみなさまへ』

本サイトのコンテンツを貴社メディアで題材として紹介して頂くことは歓迎いたします。本サイトを紹介して頂ければ、こちらへの許可は必要ありませんのでご自由にどうぞ!!

お問合わせはこちらからどうぞ!

おすすめの記事!

 

おすすめの記事!

最近 タイトル

 

最近の投稿