全ての投資にはリスクが伴います。日経225、ダウ平均、外国為替FX、BTCFXに使えるインジケーターは?CFTCのポジション公開にも注目!

↑詳しく見る(HOMEへ)

ビットコインの節税方法

ビットコインの節税方法

日本は年貢に始まり年金に尽きる国だと思います。

『年貢の納め時』といいますが確定申告の時期は本当に憂鬱です。

税金はできれば節税して将来受け取ることで得をしたいものです。

ほとんどの節税方法である年金や保険でも何らかの金融商品に投資してしまうわけですが自分でやるよりはリスクが少ないです。ビットコインは今のところは税率が所得に応じて上がっていく仕組みになっています。株式とは異なる扱いです。

そのため収益が大きくなると何もしないのとでは大きな差が出るわけです。

基本的にサラリーマンだけをしていれば本当に税金は安いわ年末調整をしてくれるわで、至れり尽くせりです。それが当たり前だと思っていたら大違いです。いっそうのこと儲けたらトレードは辞めてサラリーマンになってしまうのもいいかもしれません。

トレードで儲けたからサラリーマンを辞めるというのは逆に損をしにいくようなものだと思います。せっかくの手厚い制度を全部捨ててしまうわけですからそこのところを考えると会社を転職することで解決した方がいいと思います。

 

  • ふるさと納税・・・使わない方が勿体無いということで規制がかかりそうなほど加熱しているサービスです。
  • 貯蓄型保険・・・保険料の支払いは保険料控除を受けつつ投資されて積み立て金が満期時にもらえるというものです。
  • iDeCo(イデコ)・・・楽天証券で取扱い。個人型確定拠出年金(iDeCo)。原則60歳以降に受け取る。月の払込金額、運用先金融商品、受取方法を選択可能。
  • 国民年金基金
  • 保険料控除
  • 住宅ローン控除、住宅ローンの繰上げ返済・・・繰り上げ返済は税金は安くなりませんが余裕があれば繰り上げ返済や金利の安い住宅ローンに借り換えすることが何よりも節約になります。
  • 法人設立・・・日本で法人登記をして節税するという個人事業主には古くからなじみのある方法です。
  • 海外移住・・・完全に住居を移してしまうと現地で法人を設立して安い税率で済む国もあります。個人の所得税率も安いため節税効果は高いですが、他の福祉サービスやセキュリティ、食費が余計に出費がかかるので相当稼いだ人に有効な手段だと思います。

 

ふるさと納税

『ふるさと納税』は日本の歴史上最高の節税だと思います。節税といいつつ居住地域以外に納税していることと同じになるので、その分都市部の税収が減りますが少しくらいいいではないかと思います。

 

 

貯蓄型保険

考えてみれば、保険料控除で節税したお金で保険会社が投資して、その運用益の一部をもらうという夢のような話のわけですが、うまくいっている時はいいですがバブルがはじけて株が下がったりしたら立ち行かなくなります。

美味しい話は長続きするはずもなく、保険会社が赤字になると掛け捨て保険が増えていきます。生命保険ドットコムなどで詳しく聞くことができます。

 

個人型確定拠出年金iDeCo

毎月の限度額がありますが、節税効果と将来貰えるお金を積み立てて運用して増やしてくれるというもので定期預金を使うよりも増え方がいいのでまずはこれを使いたいですが、自由度が制限されてしまいます。マネックス証券など

 

国民年金基金への加入や掛け金の上乗せ

これは扶養に入っている主婦や主夫の方は出来ない可能性もありますが、ちょっと調べてみて下さい。国民年金だけでは生きていないという酷いことをいい放つ政治家が居るくらいですので自衛しないとなりません。国民年金基金への加入や掛け金を上乗せすることで受取額が結構増えると言うものです。

また、節税効果がありますので扶養から抜けて多くの収入を稼いだ時には考えてみるのもいいかもしれません。

 

住宅ローンの繰上げ返済(金利、繰上げ返済額による)

低金利の住宅ローンは手数料があるので100万円以上の繰り上げ返済じゃないと効果が無いという結果が出ていましたが、住宅ローンではない借金は早く返すほうがお得です。

まずはそのためにお金を貯めることが必要です。

住宅ローンの借り換えも総支払い金額を安くすることができる場合があります。住宅ローン借り換えセンターなど


コインを買える取引所を探す

HOME
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る

RSS

 

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

 

<<お問合わせはこちらからどうぞ!>>