投資にはリスクが伴います。投資の判断はご自身でよく考えて判断してください。混雑で送金状況が変わります。送金はテスト送金してから!PoWの未来は暗い?ETH、XRPが伸びる理由は?高騰するイベントカレンダー完成!相場の値動きに注意を!

↑詳しく見る(HOMEへ)


ビットコインのハードフォークで儲ける方法-億万長者、ミリオネラー、億り人になった人いるのかな???

投稿日:2017年10月23日 更新日:

ビットコインのハードフォークで儲ける方法-億万長者、ミリオネラー、億り人になった人いるのかな???

まあ、くだらない妄想ですのでテキトーに読み流してください。。。

基本的にビットコイン以外のハードフォークは得するってことは無いと考えるべきです。

普通に考えたら、「2つに分岐したら、どちらかを選択する!

という当たり前のルールで動くことになります。

「ビットコインはハードフォークするとタダで新通貨が貰えるよ!」

なぜ、ビットコインだけズルいことするんでしょうか???

それは「クリプトカレンシーはビットコイン相場で成り立っている!」からだと思います。

自民圧勝の先日の選挙のように、1党独占という状態は非常によくありません。

しかし、仮想通貨、クリプトカレンシー経済は、ビットコインが作ったものであるということは変えがたい事実なのです。

それは圧勝と言えば、圧勝。

価格、レートにして、ビットコイン以外のコインはビットコインの10%程度以下から0.0数%の価値しかありません。

一番、高いコインでさえ、ビットコインの10%程度がいいところです。ごく一部だけです。

時価総額でビットコインに迫る、、、

イーサリアムの時価総額がビットコインの数分の1まで追いつく。。

なんていいますけど、ビットコインの価値が大暴落したらもれなく、イーサリアムの価格は落ちていきます。その他のコインも全部落ちます。

もし、イーサリアムに固定の価値があれば、ビットコインの暴落によりイーサリアムのBTCレートは上がるはずです。

しかし、イーサリアムも、下がるのです!!他の全てのコインも同様です。。。

ハードフォーク時に、いち早く新コインを売却したいなら海外の取引所に口座を作ってそこにBTCを預けるべきです!

時価総額でビットコイン以外のアルトを全部足して野党連合にして、ビットコイン与党に挑んでも勝ち目のない無駄な戦い!

ということになります。

いくら国を作ったのが与党であったとしてもそれは許されない。。しかし野党(アルト)も、与党から離党して分裂(ハードフォーク)して作られていって、二大政党となっていたりします。

もとより、小規模なアルトコインは小さく、やはり、ビットコインファミリーには勝てない。ビットコインチルドレン達が主要なポストをとっていく。。。

つまり、

ビットコインのハードフォークこそが国を正す対抗勢力を作る唯一の方法だから!

ということになります。

新党立ち上げにしてもICOにしても、今更、ビットコインに立ち向かうことはできません。野党(アルト)連合を結成してもチームワークがバラバラで不祥事ばかり起こす議員(コイン)がいて、到底、対抗勢力にはならないのです。

もし、与党(ビットコイン党)が悪い方向に走って、独裁、紛争国家へと突き進んだ場合、与党のハードフォーク(分裂)だけがこの世界を救う方法なのです。決して、第三の勢力が現れたりすることはなく、与党からのハードフォークによってのみ、登場してきます。

それが第二勢力となり、与党を正していくという従来の政党政治につながっているのだと思います。

だから、ビットコインだけがハードフォークして2倍になってズルいじゃない??ではなくて、それこそが国民が求めていることなのです。このクリプト国家を良い国にしていく方法なのです。

では、

どうやったら、ビットコインのハードフォークで儲けられるか??

大前提として、ビットコインがハードフォークする直前期間に入ったら、ひたすらBTCだけが上げ相場で、アルトコインはどうやっても下がっていくという恐ろしい事態になります。

決してアルトコインなんて保有しないことです。まれに、気が向いた人たちが特定のコインを値あげて盛り上がっていますが、それはいっときのことです。

ハードフォーク直後にBTCが暴落するのでその前に売り抜けて底値で買い戻すことが基本です!!!

 

政治に置き換えてみましょう。

与党からハードフォークして第二勢力が出来上がりました。まだ小さいですが、勢いだけはあります。若いメンバーを揃えています。不祥事も起こしそうな若さです。。。

一線は超えてないとか意味不明なこというコインも居ると思います。

まるでビットコインゴールドのようですね。

  • ICOしちゃってる??してない。
  • プレマイニングしちゃってる??してない!
  • ソース開発してないでしょ??

かたくなに弁明をして否定しています。否定の会見開いても、自宅で恥ずかしいかぶりものしてる写真が出てたら、もう二度と信用されないでしょう。そういう感じとはビットコインゴールドは雰囲気が違う気がします。

ただ、いかがわしさは残ります。

そういう状況でどうやったら、あなたは利益を得られますか???

それは、すでに答えは出ている、、、と思いますが、

不祥事です。

第二勢力に一度勢力を渡したり、力を分散させたりしてから、また、不祥事攻撃をして、政権を確実に奪い取るのです。

結局、与党(ビットコイン)がどんどん強くなっていきます。

いわば、ハードフォークした議員(コイン)は、与党を強くするためにできたようなものです。

もうすでに、分かっているじゃないですか!!!みなさん。

つまり、

結局、ビットコインのハードフォーク時の儲け方は、分裂前はビットコインが少し値下がりますが、分裂してしばらくすると結局、与党(ビットコイン)がさらに高値を付けてくれるってことです。

これがわかったならば全力でビットコインを買えばいいのです。

一瞬、新しい政党がよく見えて値上がる時期がありますから、そこで貰えた新党のパーティー券ならぬコインを高値で売ってしまい、ビットコイン党のパーティー券を買えばいいわけです。

変な例えで申し訳ありません。。

海外の取引所に口座を開設することは、ハードフォークを制するといってもいいでしょう。

 

つまり、

ハードフォークしたら、新コインを高値で売る。新コインが高値になるほど、ビットコインは下がるから、ビットコインを底値で買うと、ビットコインが元の価格よりもぐっと値上がる。。その後もさらに値上がっていくから、ガチホです。

BCCのHFはそれでうまくいけたと思います。

そういう観点でいくとB2Xなどは先物ですでに取引されていて、今いくらかわかります。

それが高ければ、たとえば、0.3BTCとか付けていたり、どんどん上がったら??

とても楽しいです。間違っても、B2X先物を買わないことです。。

短期売買で儲けるならいいですが、、、HF完了まで持っていて売り払おうなんて無茶です。BTCで持っていれば安全にただで貰えますから。

ほんとにそうでしょうか???

ただ、今回はB2Xが本物に化けるっていわれてるわけです。でも実際はどうなんでしょうか??

マイナーの94%がB2Xを支持!でも、BitfinexはB2Xはアルトコインとして扱うと発表!

もう、B2Xが新ビットコインじゃないですか!しかし、どう狂ったんでしょうか??

満場一致じゃないようです。

なんか、米国最大のBitfinexが「今のB2Xは将来もB2Xのままじゃ、変わらん!」といってたと思います。。

しかし、ルールとして、

自動的にハッシュレートが多い方をビットコインとする!!???

だったと思います。

Bitfinexが意見を変えたらどう?ってのはアリえますが、、そうじゃなくて、、、

そうじゃない。。

HF時のハッシュパワーが多いほうがビットコインだ!!っていうのだから、B2Xが新BTCに決まってるじゃないですか!

じゃあ、Bitfinexは一人でアルトコインをビットコインと呼び、ビットコインをB2Xアルトコインと呼ぶんですね。。

どういうこっちゃ。。。

つまりこれね、

ビットコインが2つできるってこと?(正直、正確じゃないと思います。最終判断は、公式アナウンスを見て判断してください。)

形式がどうであれ、結局、取引所によってBTCだったり、B2Xだって逆になっていたら、リアルリプレイ攻撃になるわけですよね?

だったら、どっちもビットコインで同じ価値にするしかなくなる。。。

ってことですよ。

だから、

  1. 今のB2X先物が1まで上がる!もしくは、1.5BTCとかもっといく。。取引高は少ない。(BTCを持ってないといけないから)
  2. 現在のビットコインのUSD換算は変わらない。
  3. HFを迎えて、BTCホルダーに付与される。
  4. HF後、B2Xが正式なビットコインだという取引所と違うという取引所が出てくる。。

ちがう!ちがう!

わかった。

BitfinexがB2XはB2Xだっていうのは、先物をやってるからそういうんだよ。。。

先物の中身がHF時点で入れ替わったら大変じゃない???

だが、全ての取引所がBTC建ての計算をしているのに、いきなり中身が入れ替わったら大変じゃん!

と思うが、入れ替わるときは1:1で変わるから問題ないのかもしれない。。

ただ、敗退したほうがB2Xと呼ぶって言う決め方がよくないよね。。。

だから、どちらもSegwit2xを実装したコインとして認められる日が来ると思います。

じゃあ、分裂しなければいいじゃない??

というわけに行かないのが、大手勢力。流通量増やしたいですからね。

だから、結果的に資産が2倍になる!という気がします。

まとめると、

  1. B2Xハードフォークは、1:1の価値があるコインを同数貰える!とても美味しいHF???→1:1かは分からないが、美味しいことは間違いない!
  2. B2X先物は、今のBTCのことなのか?Segwit2xの新コインのことなのか??HF後に選ばれなかった昔のBTCの板に変わるのか??取引所が公式アナウンスしたBitfinexしかあてにならないが、いずれ足並みをBitfinexに揃えるはず。
  3. じゃあ、今、取引してるB2X先物って一体なんなの??先物の先の話じゃ、、先すぎるよ。。→それでBitfinexが公式アナウンスしたわけですね。。
  4. もしかして、今の先物B2Xが低いレートだと、将来のビットコインが恐ろしく安い値段になる??ハッシュレートから今のB2Xが将来のBTCになることは確実。Bitfinexのアナウンスを採用するならば、先物がいくらであっても、B2Xは同数の将来のビットコインとなるはず。。
  5. 逆に今のB2X先物が2BTCとかだと、HFと同時にBTC/USDが2倍になる???→公式表明しているBitfinexで買うことは前提として、1B2X=2BTCとはならないはず。0.5BTCが最大値。なぜなら、BTCを保有していれば、同数のB2Xが貰えるはず。
    逆を言えば、先物が0.5BTC以下なら買いじゃないか?HF後にハッシュレート比率の高いB2Xに変わるのであれば。。。
  6. つまり、今のB2X先物、釣り上げるだけ釣り上げちゃいましょう!!→やっぱり、それは意味ないと考えられます。
  7. 11月のHFで資産を3倍、4倍も夢じゃない!!!???
  8. もっといえば、B2X先物は1BTCまでは上がるはずだから、そこで儲けられる?→上がっても絶対に0.5BTCにはならない!BTCと同数を配布されるから。いや、ちがうか。。今のBTCはHF直後に投げ売りされるから、今のうちにB2Xを2倍買ったほうがお得かも。。。
  9. というわけで、ビットコインゴールドHFが終わったら、全力でB2X先物を買って、B2XのHFが完了するのを待つべきか???→取引所のB2X先物の扱いによって変わります。。
  10. いや、でもやっぱり、BitfinexがB2XはいつまでもB2Xで今のBTCはいつまでもBTCだって言ったのは、違う気がする。(あとで原文を確認しますが)
    ウォレットにせよ、ビットコイン運営側が勝手に切り替えるわけだから、取引所がうちのBTCは前のBTCだっていってもできないはず!
    自動的に変わる。
    つまり、B2X先物は、HF後に将来のB2Xの現物に変わるということでしょう。つまり、今のBTCが戦いに負けてB2X先物の結果を引き継ぐことになるわけです。
    だとすると、違いますね。ちょっと、
    やっぱり、HF前にBTC全力買いで、HF後にB2X即ウリというスタイルがいいんじゃないでしょうか?
    レートは0.2BTCいかない今のレートが参考になる程度で。。。
    じゃあ、所詮、HFで2割程度しか儲からないと、、、
    しかも、HF後に負けたコインって、新規に生まれたコインじゃなくて弱点があるコインの方ですから、上がる要素がないですよね??
    だとすると、0.2BTCなんてのも夢で一瞬で0になるんじゃないですか??今のBTCじゃASICブーストも使えないのでB2Xと同じでメリットがないし、ディフィカルティは高いし、、これ、ゴミになるパタン??でしょうか??
    ならば、B2X先物も0に収束するんじゃないでしょうか??
    儲ける方法ならば、HF後にB2Xを即ウリして、0になる瞬間に大量買いもどしで、0.001で売り抜けるとか、、、
    そうやって値下がり続け、じきに値動きが無くなって飽きられて、取引されずに消えていく、、、それがB2Xの行末かもしれません。

BittrexHitBTCもB2X先物を扱っています。当然、入出金はできないはずなので、取引所の決まりに従うことになります。アナウンスによってどこで買うかを考えることになります。

Segwit2xハードフォークの結論、ややこしくなんかない!取引所の先物の扱いを公式アナウンスせよ!ってことですよ。

ユーザーには美味しいだけ!!!!

まじで、11月のHF前にビットコイン買い増しや!!!

これチャンスっぽい、ラストチャンスかな。全力を賭けますか??

Bittrex、HitBTCもB2X先物を扱っています。当然、入出金はできないはずなので、取引所の決まりに従うことになります。B2X先物で夢をかいますか。。

 

*ココに書いて有ることは素人の妄想です!真に受けないでください!

自分は楽しいこと大好きなのと、少額しかやってないのでネタのためにチャレンジングなことをあえてやります!

考えたんですけど、あんまりキレのある考えが思い浮かびません。そして、まずは、ビットコインゴールドですが、

ビットコインゴールドはGPUマイニングできるんでそれで価値がありそうです。何回も乱高下して儲けられるかもしれません。

B2Xは無価値なので0への戦いが待っています。そこで小数点の戦いを繰り広げると楽しいかもしれません。。。逆に、売れずに資産が10分の1になることも。。。でも、安いし、掘りにくいけど、BTC、BCCが掘れない時に掘るくらいの価値は残るかもしれません。

じゃあ、やらない方がいいかもしれません。

 

Bitfinexの公式アナウンスについて

Announcements> Statement Regarding Upcoming Segwit2x Hard ForkOctober 06, 2017

As the Bitcoin ecosystem approaches what appears to be an impending hard fork, it is important to clearly state Bitfinex’s policies on hard forks.

First, we want to make it clear that Bitfinex does not intend to advocate for or against any particular hard fork. Miners have the prerogative to commit their hashing power to whatever projects they choose, including alternative and incompatible protocol implementations. However, our first obligation is to our customers, who often demand tokens on each chain in the event of a hard fork that lacks clear community consensus. At this time, we do not believe that there is sufficient consensus to identify a clear winner in the Segwit2x hard fork. Accordingly, our customers will have access to tokens on both chains.

We have a responsibility to foster, maintain, and support orderly markets that trade continuously 24/7/365. With a hard fork that lacks clear community consensus, we cannot suspend operations and wait for a winner to emerge. Leveraged trading requires that our markets operate continuously. On operational requirements alone, we must designate such forks as new assets.

As the proposed consensus protocol Segwit2x project appears likely to activate, we have elected to designate the Segwit2x fork as B2X, for now. The incumbent implementation (based on the existing Bitcoin consensus protocol) will continue to trade as BTC even if the B2X chain has more hashing power.

We are doing this for practical and operational reasons. Political considerations are irrelevant here. While we cannot change or re-assign ticker symbols, we can change the label or description associated with that ticker symbol. For the time being, BTC will continue to be labeled as “Bitcoin,” and B2X will be labeled as “B2X.” This will remain the case unless and until such time that market forces suggest an alternative, more appropriate, labeling scheme for one or both chains.

The lack of strong two-way replay protection in Segwit2x means that we must take steps to protect customer funds. At the moment of the fork, all deposits and withdrawals for both BTC and B2X will be halted until we are able to: 1. ‘taint’ our customers’ bitcoins to ensure withdrawals cannot be replayed on both chains; and, 2. ensure that we can properly credit deposits in the event a transaction is replayed on both chains. We expect this process to require at least 24 hours, and potentially significantly longer. If the the event happens, announcements will be made throughout the process to keep everyone up to date.

Margin

In the event of a hard fork that results in a chain split, Bitfinex is also faced with the challenge of resolving peer-to-peer financing issues. Because we have sufficient time to plan for this event we have elected to handle the accounting of peer-to-peer financed trading similar to how stock spinoffs, dividends, and distributions are handled in equity markets.

Specifically, in the case of a hard fork event, lenders will receive both BTC and B2X. Anyone that is short BTC/USD or long any BTC trading pair (ETH/BTC, LTC/BTC, etc.) will owe B2X to the lender, effectively making the user short B2X. An exception is being made where BTC is borrowed but is not in use as financing collateral. In that case, B2X will accrue to the lender. Users that are financed long BTC/USD or short any BTC trading pair will receive B2X.

This methodology is complex and operationally challenging, but we believe it to be, in this case, the most economically correct and fair approach for Bitfinex and our customers. Furthermore, we believe it is the only approach that will keep the BTC lending market functioning throughout a hard fork event.

Imagine a situation where lenders do not receive B2X. They would be incentivised to stop lending if a hard fork appears imminent. Consequently, lending liquidity could completely disappear, and Bitfinex would be obliged to begin partial liquidations of financed positions when BTC loans expire and cannot be renewed.

We believe that such a hypothetical outcome should be avoided. Our plan should prevent the negative consequences of this scenario and seems likely to allow the funding market to continue to operate.

It’s important for borrowers to understand that while their P&Ls may climb during a hard fork event, they will have offsetting B2X liabilities that will be applied to their accounts, though perhaps not immediately. At the moment that Bitfinex detects a B2X block that is incompatible with the existing Incumbent Bitcoin blockchain, we will immediately halt processing of any and all BTC deposits and withdrawals for all users, and freeze all movements for all currencies for any borrower of BTC.

This freeze will last until the B2X accounting can be adequately prepared and addressed. We expect the process to be quick and automated, but we cannot guarantee that it will be immediate. BTC borrowers can hedge or estimate this liability with newly listed Chain Split Token (CSTs). Depending on CST price discovery, we may also increase margin requirements as the Chain Split Event approaches. This should help users protect themselves from liquidations that might occur during potential large swings in the combined value of BTC and B2X in the aftermath of the Chain Split Event. Please note that the order book for the BT2 CST will become the order book for B2X after the fork, providing price continuity and avoiding temporary, but potentially large, swings in overall account equity.

More details on the specific procedures will be forthcoming, but we feel that it is important to address the economic implications as soon as possible, so that our customers can plan accordingly. Bitfinex staff will be available on Whalepool Teamspeak and Bitcoin Mumble servers from time to time to answer customer questions. We will also be building a FAQ document to clarify edge cases and other nuances as needed.

https://www.bitfinex.com/posts/223

まあ、アナウンスが更新されるんでしょう。。。更新されるたびにb2x先物価格が変化して、HitBTCのb2x先物も同じ相場になるんでしょう。。

だって、Bitfinexの動きに逆らうことはできないわけで、一番、権威のある取引所だと思っているBitfinexが、政治的な思惑抜きでメッセージを書いています。

ただ、ここでは「まだ時間がある、、」と書いてありますので、当然、変更されるんでしょうね。。

変更されてプラスなら上がるから、買いだ!っていっても遅いですし、もう、、トレード疲れました!

と思いますね。

地道にマイニングしてるのが幸せなのかな?と現実逃避してみたりもします。これ、IT系の仕事辞めて農家になるか?っていうやつと似ていますね。

嫌だけど、やらなきゃしょうがない!ここでこそ真価が発揮される。面倒くさいから儲かるネタなんだ!頑張れ!

b2x全力買いだ!!!

と、思いましたが、

「ちょっと待って下さい!」

さらに、追加情報が、、

Chain Split Tokens > Terms and Conditions for Segwit2x Tokens

These terms and conditions (these “T+Cs”) govern your use and exchange of BT1 and BT2 Chain Split Tokens (as defined below) on the Site. You should read these T+Cs carefully. The Site’s Terms of Service continue to apply to all Site users; these T+Cs are in addition to, and supplement, and not in substitution of, the Terms of Service. The Terms of Service are available here. By using any CSTs on the Site in any manner from time to time, you agree to these T+Cs and, for the avoidance of any doubt, to the Terms of Service.

These T+Cs may be amended, changed, or updated by Bitfinex at any time and without prior notice to you. You should check back often to confirm that your copy and understanding of these T+Cs is current and correct. Your non-termination or continued use of any Services after the effective date of any amendments, changes, or updates constitutes your acceptance of these Terms of Service, as modified by such amendments, changes, or updates.

The use of, ownership of, and trading in any Chain Split Token (as defined below) is void where prohibited by applicable law.

  1. 1.Definitions: In these T+Cs, the following words have the following meanings unless otherwise indicated:
    1. 1.1“BT1” means a CST representing the Incumbent Bitcoin Blockchain;
    2. 1.2“BT2” means a CST representing Segwit2x consensus protocol;
    3. 1.3“B2X” means a Digital Token converted from BT2s at or after Contract Settlement, as set out in these T&Cs;
    4. 1.4“Chain Split Event” means a fork in the Incumbent Bitcoin Blockchain that produces a viable and alternative blockchain based on—and that may only be used exclusively based on—the consensus protocol of Segwit2x. Segwit2x is scheduled to occur at Block Height 494784 and will be deemed to occur at the moment in time that a new, viable, and exclusive blockchain based on the Segwit2x consensus protocol comes into existence;
    5. 1.5the “Contract Period” starts on October 5, 2017, and ends at 11:59:59 pm UTC on December 31, 2017;
    6. 1.6“Contract Settlement” means the earlier of 11:59:59 pm UTC on December 31, 2017, or immediately following a Chain Split Event, as defined in these T+Cs;
    7. 1.7“CST” means a Chain Split Token, which are Digital Tokens designed to facilitate trading on the value of ledger units exclusively associated with a potential, contingent, and non-guaranteed forking event on the Bitcoin blockchain;
    8. 1.8“Incumbent Blockchain” means the currently existing Bitcoin blockchain that is exclusively used based on the consensus protocol as set out from time to time in the repository https://github.com/bitcoin/bitcoin;
    9. 1.9“Segwit2x” means the anticipated Bitcoin blockchain that will be exclusively used based on the consensus protocol as set out from time to time in the repository https://github.com/btc1/bitcoin; and,
    10. 1.10“T+Cs” means these terms and conditions governing the use and exchange of Segwit2x CSTs on the Site.

    Other terms not expressly defined in these T+Cs have the meanings set out in the Terms of Service.

  2. 2.Exchange & Trade: You may exchange bitcoins for BT1 and BT2 using the Site’s token manager platform until immediately before the Chain Split Event. The rate available for exchange is 1 BT1 + 1 BT2 for each bitcoin. You may also redeem bitcoins using the Site’s token manager platform until immediately before Contract Settlement. The rate available for redemptions is 1 bitcoin for 1 BT1 + 1 BT2. You may trade CSTs on the Site during the Contract Period in four market pairs: BT1/USD, BT1/BTC, BT2/USD, and BT2/BTC.
  3. 3.Settlement—Generally & BT1s: At Contract Settlement, CSTs shall be converted on a 1:1 basis to Digital Tokens on their respective blockchains at Contract Settlement. In the case of BT1, the blockchain shall be defined by the consensus rules used on the Incumbent Blockchain, currently designated with the ticker symbol BTC. If no Incumbent Blockchain exists pursuant to these T+Cs, BT1 tokens shall be deemed to have a value equal to zero and shall be removed from the platform. All open orders for any BT1 trading pair will be canceled at Contract Settlement.
  4. 4.Settlement—BT2s: In the case of BT2, Segwit2x shall be deemed to exist only if a blockchain has diverged incompatibly from the Incumbent Blockchain. Any settlements of BT2 shall be to B2X. If no Segwit2x blockchain exists pursuant to these T+Cs, BT2 tokens shall be deemed to have a value equal to zero and shall be removed from the platform. All open orders for any BT2 trading pair will be converted into open orders for corresponding B2X trading pairs to ensure pricing continuity and minimize disruption for users trading BTC pairs on leverage prior to the Chain Split Event.
  5. 5.Delayed Settlement: Important: Settlement of BT1 into BTC and BT2 into B2X may be delayed in Bitfinex’s sole and absolute discretion. If either of the blockchains associated with BT1 and BT2 is destroyed, reorganized, or experiences a technical malfunction, in any manner and by any party or source, before settlements have been completed, those tokens shall be deemed to have a value equal to zero and shall be removed by Bitfinex. Furthermore, there is a risk that, after the Contract Settlement, either blockchain may be unstable, abandoned or destroyed. This may happen even after multiple confirmed blocks. Among other limitations, Bitfinex assumes no liability or responsibility for any Losses attributable to this or any other circumstances.
  6. 6.One Chain: In the unlikely event that only one blockchain exists, and it is compatible with the consensus rules of both the Incumbent Blockchain and Segwit2x, then a determination may be made, in the sole and absolute discretion of Bitfinex, as to whether that blockchain is more compatible with the consensus rules of the Incumbent Blockchain or with Segwit2x effective on October 5, 2017. In the event that the blockchain after any fork is more compatible with the October 5, 2017, Incumbent Blockchain, then only BT1 tokens will be convertible, and BT2 tokens shall be deemed to have a value equal to zero. In the event that the blockchain after any fork is more compatible with the October 5, 2017, Segwit2x rules, then only BT2 tokens will be convertible, and BT1 tokens shall be deemed to have a value equal to zero.
  7. 7.No Representations & Warranties by Bitfinex: Bitfinex makes no representations, warranties, or guarantees to you of any kind. All CSTs, all software, and all blockchains are offered strictly on an as-is, where-is basis and, without limiting the generality of the foregoing, are offered or made available to you without any representation as to merchantability or fitness for any particular purpose.
  8. 8.Limitation of Liability & Release: Important: Bitfinex assumes no liability or responsibility for and shall have no liability or responsibility for any Losses directly or indirectly arising out of or related to your use of or trading in one or more CSTs, Digital Tokens, or B2X, or your use of any one or more blockchains, including but not limited to Segwit2x after Contract Settlement. You hereby agree to release the Associates from liability for any and all Losses, and you shall indemnify and save and hold the Associates harmless from and against all Losses. The foregoing limitations of liability shall apply whether the alleged liability or Losses are based on contract, negligence, tort, unjust enrichment, strict liability, or any other basis, even if the Associates have been advised of or should have known of the possibility of such losses and damages, and without regard to the success or effectiveness of any other remedies.
  9. 9.Post-Contract Settlement: After Contract Settlement, Bitfinex may or may not list B2X, if existing, on the Site, in its sole and absolute discretion.

なんか、気合い入りすぎてて、bitfinexやる気すぎて英語が長い。。です。

そして、ややこしい。

でも、なんかやりたいみたいで、

トークンを新たに作るみたいですね。

それは1BTCで、BT1とBT2という2つのトークンを1つづつ交換することができるみたいで、それぞれ、先物取引が出来ますよっていうことみたいです。

だから、、、、、、

HitBTCのB2X先物とは明らかに別物なんじゃない??

って思います。

Bitfinexのこの不思議なトークンを買うか?っていうと、微妙で意味わかりません。

だが、しかし、

HitBTCのB2X先物は、単純にハードフォークしてドロップアウトしたほうのコインを指していると思う。。

だとしたら、BTG、BCHの今の価格をみると、0.05BTCとかだから、所詮、将来、そのレベルになるだろうということが予測されます。

じゃあ、しょうもない銘柄ですね。B2X。

今、0.19BTCとか上がってますけど、こんな価値あるわけない!ってことですね。

よかった、、、買わなくて。。

やっぱ、ソースは読みましょう。。

11月のハードフォークを見越して考えたBitfinexが、BT1とBT2というコイン(トークン)をBTC、USDで実際に売買可能としている!!!

https://www.bitfinex.com/legal/cst

↑こちらにBitfinexが独自に考えた11月のハードフォークで生じるコインとオリジナルの今のBTCを使った先物のトークンを取引するための決め事が書いてあります。

なにか、BT1+BT2=BTCとなるようなレートだということが書いてあったように思えます。(すみません。実際に買ってみないとこのトークンのことがよく分かりません。)

英語をなんとか理解していくと、1BTCでBT1とBT2が1枚づつ交換して貰えてそこから取引が開始するというようなことが書いてあったような気がします。

もし、ここに書いた通りだとしたら、先物でハードフォークも先にするっていうかなり尖ったことをやっているわけです。

他にも、BCCのBitcoin Core (BCC) and Bitcoin Unlimited (BCU)というトークンも売買板がありますし、BG1とBG2というのもあります。

BG1とBG2というのはちょっと、よく分かりませんが、Bitfinexでは、こういうやり方をやっているということのようです。

これをうまく使って儲けられないかな?と思ったりもします。

 

しかし、11月のSebwit2xハードフォークでB2XがBTCになったら、ウォレットアドレスが変わったりすると厄介だな。。BTCを賃借してる人が困るとか、このBTCという記号は変えられないよ!ってBitfinexが怒るのも無理も無い!

そう、マイナーがハッシュレートで決める!

勝手な話だ。

取引所のシステムも考えてくれよ。通貨コードとか、データってユニークなものを維持するためにとてもとてもとても苦労して頑張ってやっているんだぜ。。。

データベースではユニークキーがどのフィールドで、これは絶対に変わることはない!って定義されているわけで、そういうのを変えるとかアリえない!てかできない!

っていうのは当然の主張です。

取引所のシステム開発もお金がかかっている。というか、変更するにしても、BTCのことだったら、システムを全部止めないといけないことになるからそれじゃ、取引所としては最悪の結果となる。

これは避けなければいけないって怒るの無理はない!

ガチガチの金融系とラフなスタイルのマイナー集団との意見の相違ですね。。。

まあ、私もマイナー集団のこの困った動きにはまいっています。。

ただ、HFするとみんな新コインもらうためにBTC買って、BTCがどんどん上がっていくから儲かる!!!

だから美味しいから嬉しい!

というのがトレーダーの本音です。

ただ、ほんとに、HFでBTCのウォレットアドレスが変更されるんですかね。まじ、面倒っすね。

だが、Bitfinexができないよ!!っていっているように開発者チームがBTCのネットワークをB2Xのネットワークに変えてしまえば、取引所はどうすることもできないってことですよね。知らない間に中身が変わってるってことで。。。。

レートがどうこう、本当の価値が見えないとか、そんなのどうでもいいってことみたいです。

おそらく、BitfinexのBT1とBT2というのはレートから見て、BT1が高いから本流になったBTCのことで、BT2が安いから落選したコインの方でB2Xと呼ぶ方なんだと想像はできます。

しかし、B2Xのテクノロジーが採用されていないコインがB2Xを名乗るとか気持ち悪いですけど。。

で、やっぱり、ハードフォークで儲ける基本戦略は即ウリ!どこの取引所が一番速い??

BTGは10月24日の10時過ぎにHFして、HitBTCは25日に売買開始予定だったのが、24日の17時過ぎには付与と売買が始まりました。。

いやー、速い。

YoBitは先物がすでに前日から、始まっており、付与され次第売買可能だったはず。。

いつ付与されたかは、、どうやら、24日の24時前の時点で、チャットで、「ビットコインゴールドが付与されなかったら、おれたち何買ってるの?」っていう話があったので、まだ付与されていないっぽい。。。です。

だとしたら、世界最速はHitBTCなのかな??

で、結局、BTGが生まれたハードフォークで、資産が6%くらい増えたという結果で終わったんですけど、、、、BTCは相当値下がっていますけど、、、、

得したのか損したのか、、、

ハードフォーク後は徐々にBTCが上がるってのが定説なので、まあ、よしとしましょう。。

HitBTCで17時すぎに即ウリしてれば、数十パーセント儲けられたはずです。

まあ、リーマンにはキツイっすね。。

たぶん、これくらいのHFは毎月、起きてくれるとありがたいんですが。

 

もし、BCHがハードフォークして、新コインを付与されるっていったらみんな買いますよね??値上がりますよね?

これ、結局、新コインの売却益よりか、ビットコインの買いあさりによる値上げで利益を取ることが目的なんじゃないかなと思います。

それに尽きる!!!!!!!!!!!


コインを買える取引所を探す

本日の相場状況(総合)を見る!
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る





-アルトコインの説明, ハードフォーク, ビットコイン『BTC』

執筆者:

関連記事

アルトコインの儲け方-仮想通貨の現物取引で儲ける方法

アルトコインの儲け方-仮想通貨の現物取引で儲ける方法   「HitBTC」、Poloniex、BitfinexなどのアルトコインとUSDTを扱っている海外取引所を使います。 ビットコインが上 …

『今日はどのコインを買う?』200種類以上のアルトコイン価格一覧、チャート-Page5

今日のコインをこの中から探してみてはいかがでしょうか?眺めていると高騰コインが分かるかもしれません。。 『購入する』を押すと『Changelly』から購入することができます。アルトコインAからアルトコ …

胸熱な仮想通貨のマイニング事業で起業すること

胸熱な仮想通貨のマイニング事業で起業すること 多分、今一番熱い起業家たちの注目がBCC(ビットコインキャッシュ)などでしょう。   何が?ってか、本来の起業家っていうのはこういうもんじゃない …

仮想通貨は嫌という人のために!CMEのビットコイン先物を日本で買える証券会社はどこ???

仮想通貨は嫌という人のために!CMEのビットコイン先物を日本で買える証券会社はどこ??? CMEの開始が12月18日からですので、日本ではまだ後日になると思いますが、 仮想通貨取引所ではなく、従来の証 …

Ripple『XRP』とは?チャート、買える取引所、発行上限枚数は?

XRP/BTC(Bittrex) *チャートは5分足です。 《記号》XRP 《名称》Ripple、リップル 《開始日》- 《発行上限枚数》-万枚 《公式サイト》- 《公式ブログ》- 《公式Twitte …

RSS

 

 

 

FX自動売買ツール『メタトレーダー』
EAランキング

『記事の検索』

 

『記事の検索』

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

メディアへ

『メディア関係者のみなさまへ』

本サイトのコンテンツを貴社メディアで題材として紹介して頂くことは歓迎いたします。本サイトを紹介して頂ければ、こちらへの許可は必要ありませんのでご自由にどうぞ!!

お問合わせはこちらからどうぞ!

おすすめの記事!

 

おすすめの記事!

最近 タイトル

 

最近の投稿