投資にはリスクが伴います。投資の判断はご自身でよく考えて判断してください。混雑で送金状況が変わります。送金はテスト送金してから!PoWの未来は暗い?ETH、XRPが伸びる理由は?高騰するイベントカレンダー完成!相場の値動きに注意を!

↑詳しく見る(HOMEへ)


バブル崩壊時の投資先は?-ビットコイン、株式が駄目な場合どのような避難先があるか?

投稿日:

バブル崩壊時の投資先は?-ビットコイン、株式が駄目な場合どのような避難先があるか?

自分が慣れている投資を続けることが1番効率的だと思われます。


 

おそらく、ビットコインのバブルは弾けたということはほとんどの方が理解していることでしょう。

株のバブルもおそらく弾けたのだと思います。これからは警戒感が強くなり、一度回復しても徐々に落ちていくと思われます。これらの典型的なパターンの場合、一度落ちて一度戻してダブルトップを形成して落ちていくというものがあります。

  • 全ての仮想通貨の価格はビットコインの下落に引きずられる
  • ビットコインの価格は米株式に引きずられる。

ということが分かってしまいましたので、ビットコインの価格はおそらく長期間相場が下落傾向のままであると予想されそうです。

最初は株式が下落している時にビットコインが代わりの受け皿になってくれるかも?と期待していた金融系の人たちがいたのですが、去年くらいからビットコインは株の避難先にはならないという意見が目立ち始めました。

今では『ダウ連動ビットコイン価格』になってしまったのかもしれません。

このような時、土地、国債、先物商品、新興国株、現物貴金属、何が安定避難先になるのでしょうか?

為替さえも変動するのでキャッシュにしておくのも損失がでるのかと言えば、そこまで変動はしないのでキャッシュで保存しておくのが良いと思います。

しかし、どうしても貯金が増えないと困る、嫌だという人は他の投資先を模索します。

でも、やはり1番は、『円』に替えて下落が回復するまで待機、避難するということでしょう。

『円』にしておけば、下落が落ち着いた時に安値で買い戻すこともできますし、やはり有利なのかなと思います。

しかし、1,2年で回復傾向に戻ればいいですが、もっと長期間戻らないこともあります。

すると、個人投資家はいいですが、機関投資家は仕事ができないことになってしまいますのでなんとかして利益を上げていかなければ困ります。売りで稼ぐ、下落で稼ぐという方法がそれを可能にさせているのですが、デイトレなどはしない、機関投資家ではない、というような資産を多く持った個人投資家はどうすればいいのか?

ということになります。

わたしには全く資産が無いと言えるので悩みもないのですが、やはり、仮想通貨が弱くなるなか、株式も弱くなるであろうと予測され、どういう投資先があるのか探しているサイトとしては、バブル崩壊後の投資先を考えることは大事な役割だと思いました。

そこで、できる限りの資産運用方法を紹介していきたいと思います。

新しい資産運用方法は徐々に追加していきます。

今まで興味が無かった方も他のジャンルの投資に進出してみてはいかがでしょうか?

 

先物、投資信託の商品の例(バブル崩壊時の避難先)

  • エネルギー類(原油・天然ガス等)
  • 貴金属類(金、プラチナ、銀)
  • 農産物類(トウモロコシ・大豆等)
  • 外国為替
  • 新興国株式
  • 新興国国債
  • 新興国不動産

これらは先物商品や投資信託やETFとして投資することができます。世界中が米株価格に連動しているわけではありませんので、とくに新興国では経済成長に合わせて上昇していく傾向があります。

また、上記の商品などは相場の予測に関する情報が得にくいものですので、細かいところまで指定して直接売買するよりもAIやトレーダーが分析した結果により最適な割合で投資してもらうというAI自動投資サービスが多くなっています。また、最近は手数料が高い投資信託よりも非常に手数料の安価なETFへの投資が人気となっています。

↓はAI自動投資サービスの情報を集めた記事です。

 

現物投資先の例(バブル崩壊時の避難先)

  • 現物貴金属(金、プラチナ、銀)
  • 金のインゴットや金貨
  • 新興国不動産への投資

現物ゴールドは非常に古い時代から変わらず人気となっています。

もちろん、金のインゴットや金貨そのものを買って家で保管するということも1つの手です。

個人がとうもろこしや原油を現物で買っても困りそうだということはだいたいイメージできるかと思います。

新興国不動産への投資は、新興国の土地を買って、、、というものですが、調査や売買の手間、リスクを考えると一般的な個人にはハードルが高いものです。

現物のいいところは先物取引における期日や損失額の増大などを気にしないで保有していられることです。

これのメリットを最大限活かすと、株式でも現物でどんなに値下がっても保有し続けるということも1つの解としてはあるのかもしれませんが、値下がってから買い戻す方がいいとは思います。

投資信託では利用者はほとんど何もできることはありませんが、直接自分で運用している方は自分が考える必要があります。

 

一般的な個人が投資できる手段は非常に限られている!

このようにリストアップしてみても、日本における個人が投資先として選べる選択肢は非常に少ないことが分かります。

そのため、人はみな円としてどんなに金利が下がろうと預金としてガチホしてしまうのです。それが最高の資産保護方法だと思うからです。

現物の円がガチホされるから円が強いとも言えるのかもしれませんが、日本の場合はこのように世界とは異なる理由で円が強くなっているのかも知れません。

そういう国に住んでいるということを踏まえると、既存の金融商品を使って投資を続けるか、円にして退避しておくか?という2パターンとなるのではないかというのが答えになると思います。

もちろん、下落時もショート(売り)で利益を上げることもできますが、ずっーっと下落し続けるわけではありませんのでそれなりにトレードの手間がかかりますし、期日までにその値段よりも上か下かという投資もありますが、ほとんど賭けになってくるような感じです。

不況時は自分がよく知っている方法で賢く投資を続けることが上手くいく秘訣かもしれません。。

しかし、ビットコイン(仮想通貨)トレードは面白すぎて日本には危険!!!

日本の経済はすでにビットコインに乗っ取られています。この国はもう辞めることなんてできません。。。下落しようがバブルが崩壊しようが100ドルまで下がろうが、、おかまいなしです!日経平均が大暴落してもビットコインは上昇していくでしょう。。。(ダウ様には逆らえないかな。。まだ。)

ニュースサイトでは、経済カテゴリのTOPを『ビットコイン関連のニュース』が独占しています。その下に『日経平均大暴落!』っていう記事が小さく載っています。

 

投資の判断は自分でよく考えてから行って下さい。


コインを買える取引所を探す

本日の相場状況(総合)を見る!
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る





-おすすめのAI自動投資, トレードで儲かる?, バイナリーオプション, ビットコイン『BTC』, 株式ニュース, 証券会社, 金、銀への投資, 金融市場

執筆者:

関連記事

12月8日に米国証券委員会(SEC)に2社からビットコインETFの申請が提出されていた!

12月8日に米国証券委員会(SEC)に2社からビットコインETFの申請が提出されていた! アメリカって国は、、、ほんと好きですね。。 もう、ETFまで一気にいこうとしているのか??って思いますね。 先 …

『Bitcoin Platinum(ビットコイン プラチナ)』のハードフォークっていつ?GPU Mining可能なビットコイン!

『Bitcoin Platinum(ビットコイン プラチナ)』のハードフォークっていつ?GPU Mining可能なビットコイン! ー追加情報ー ビットコイン・プラチナムは韓国10代少年による詐欺、空売 …

Zcash関連のニュース、情報のまとめ!!ツィッターアカウント

Zcash関連のニュース、情報のまとめ!!ツィッターアカウント Zcash関連のニュース、情報  (日本語)最近のニュース、情報 仮想通貨で一番儲かっているビジネスは?取引所でもマイニングでもなく だ …

『データマイニング分析』本日のビットコイン相場予想(2017.12.28+12.29+12.30+12.31)

この情報はインターネット上の仮想通貨に関する情報を自動的に収集し、データマイニングした結果を掲載しているだけのものです。投資を促すような情報ではありません。(予期しないネット上の情報が表示されることが …

ダウ平均、日経平均、ビットコインのリバウンドは来るとすれば、24時前くらいにあるかな???

たぶん、アメリカの人々が朝8時になると本格始動するわけで、24時頃からそれは起きるわけです。 もう十分下げたから上がり出してるって思えば、上がりだすでしょう。また上がっては落ちてを繰り返すでしょうが。 …

RSS

 

 

 

FX自動売買ツール『メタトレーダー』
EAランキング

『記事の検索』

 

『記事の検索』

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

メディアへ

『メディア関係者のみなさまへ』

本サイトのコンテンツを貴社メディアで題材として紹介して頂くことは歓迎いたします。本サイトを紹介して頂ければ、こちらへの許可は必要ありませんのでご自由にどうぞ!!

お問合わせはこちらからどうぞ!

おすすめの記事!

 

おすすめの記事!

最近 タイトル

 

最近の投稿