全ての投資にはリスクが伴います。日経225、ダウ平均、外国為替FX、BTCFXに使えるインジケーターは?CFTCのポジション公開にも注目!

↑詳しく見る(HOMEへ)

『どこのVPSがおすすめ?』費用?Windows OS?FXやビットコインのMT4、TradingViewに!

『どこのVPSがおすすめ?』費用?Windows OS?FXやビットコインのMT4、TradingViewに!

MT4やAutoviewやNinjaTraderや自作自動売買プログラムのためにVPSを調べていたのですが、、、意外な使い方も見えてきました。

MT4でFXやビットコインを自動売買するためにVPSをレンタルするなら?おすすめは?

MT4といえば自動売買、自動売買と言えばパソコン常時起動するのが当たり前ということもあってVPSの需要が非常に高まりました。Windowsの環境が必要なため、リモートデスクトップ接続によって使い慣れたユーザーインターフェースでいつもどおりに操作することができます。

MT4のEAおすすめ一覧にあるようなEAを使って自動売買することが可能です。

  • PCインストール版の方がユーザーインターフェースがいい!
  • 使い慣れている!
  • リスク分散のため!

などの理由で従来型のPCインストール版のMT4を使って自動売買する場合にはWindows OSのVPSが必要となってきます。

Windows OSを使えるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. ConoHa for Windows Server
  2.  お名前.com デスクトップクラウド for FX
  3.  GMOクラウド VPS
  4.  TIME4VPS

となっています。

TradingViewとChromeプラグインのAutoviewで自動売買するためのVPSは?

そういえばChromeブラウザのOSサポート範囲ってとても狭かったはずです。

大丈夫でしょうか??古いMT4の方が対応できそうなので有利なのでしょうか?

現バージョンのChromeのサポートOSは以下のようになっていました。

https://support.google.com/chrome/a/answer/7100626?hl=ja

Windows の場合
Windows で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。

Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 以降
Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)
注: サーバーには Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 が搭載されている必要があります。

Mac の場合
Mac で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。

OS X Yosemite 10.10 以降

Linux の場合
Linux で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。

64 ビット Ubuntu 14.04 以降、Debian 8 以降、openSUSE 13.3 以降、Fedora Linux 24 以降のいずれか
Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)

この要件を満たせるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. ConoHa for Windows Server
  2.  お名前.com デスクトップクラウド for FX
  3.  GMOクラウド VPS
  4.  TIME4VPS

となっています。

株式、先物、FX用のシステムトレードソフトのためにVPSを利用する!

日本は古いものを長く愛用する傾向があります。1000年前の木の家などを大事に使っていたりします。コンピュータという時間とともに価値が減るものに対しても同じようにひたすらレガシーなコンピュータシステムを使い続ける傾向があります。

これは公的機関から大企業などにおいて顕著に現れていますが、利用者はアンティークなソフトウェアなんてゲームくらしか良いと思えません。

昔からあるような株式売買のシステムトレードソフトとストラテジーファイルを購入すれば自動売買することが可能です。

できれば最新版にしたいのですが、肝心の日本の取引所では新しいシステムに対応するということができません。MT4でさえソフトウェアの開発元がMT4のクライアントバージョンはもう打ち切ってしまっていてダウンロードできません。

MT4のクライアントバージョンのインストールプログラムは日本の取引所ごとにメンテされながらそこのサイトにおいて公開されています。

企業も設備投資して新しいシステムトレードソフトに対応するよりは既存のバージョンのソフトを引き続き利用することでしょう。

そうなると、株式、先物、外国為替FXのシステムトレードソフトは従来通り自動売買のためにはVPSをレンタルして起動し続けることが必要になる場合もあるでしょう。

また、自分が買ったストラテジーが調子が良いのに次の新バージョンに対応していないとなったら意地でも変えることはしないです!当然のことです。

必然的にWindowsが必要となります。

Windowsが使えるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. ConoHa for Windows Server
  2.  お名前.com デスクトップクラウド for FX
  3.  GMOクラウド VPS
  4.  TIME4VPS

となっています。

Python、Rubyなどで自作した自動売買プログラムを動作させるにはVPS!

アマゾンのAWSでもLINUX環境で比較的リーズナブルにPythonやRubyの実行環境を使用できますが、料金体系が複雑なのと設定が今いち見えていない部分で不明な部分があって気持ち悪い感じがしてしまう人はVPSでLINUXをレンタルするほうがいいと思います。

家庭では軽量LINUXといえども24時間365日動作させておくのは少し危険性があります。サーバーを自宅においていて火災になりかけたという話はよく聞きます。

VPSをレンタルするとPC本体やHDD、回線やケーブルなどのハードウェアトラブルは全部レンタル会社がメンテしてくれるので考える必要がありません。家庭の場合、無線LANになることが多いですが通信の安定性では有線LANに比べると無線LANは非常に不安定なものです。今どき家庭で有線LANを引いてくるというのはとても厄介なことです。

また電気代の面で考えるとVPSと違って家庭で1台のPCを24時間動作させ続けると省エネパソコンでないかぎりかなりの電気消費量となります。

これらのオープンソースのPG言語を実行する環境はLINUX OSで済みますのでVPSレンタル代も非常に安価なものとなります。

LINUX OSは、どのVPSレンタル業者でも扱っていますので値段で決めてレンタルしてもいいと思います。

国内のおすすめのVPSレンタルサービス

ConoHa for Windows Server

  • サービス名:ConoHa for Windows Server
  • 運営会社:GMOインターネット株式会社
  • 特徴/解説:GMOが新たにサービス提供を開始したWindows向けのVPSです。『Windows Server 2016 Datacenter Edition』という新しいOSを1,800円の月額利用料金から利用できます。ストレージはSSDとなっています。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
 5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 1  4

 

 

お名前.com デスクトップクラウド for FX

おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
 5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 1  2

 

 

GMOクラウド VPS

  • サービス名:GMOクラウド VPS
  • 運営会社:GMOインターネット株式会社
  • 特徴/解説:サーバー管理ツール「Plesk」が使えて月780円から!
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  3
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 5  5

 

 

さくらのVPS

  • サービス名:さくらのVPS
  • 運営会社:さくらインターネット株式会社
  • 特徴/解説:レンタルサーバーで有名なさくらインターネットが運営しているVPSレンタルサービスです。各仮想サーバに100Mbps共有回線を提供しています。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 3  5

 

 

KAGOYA CLOUD/2

  • サービス名:KAGOYA CLOUD/2
  • 運営会社:カゴヤ・ジャパン株式会社
  • 特徴/解説:会社の創業は茶摘み籠の販売だったという歴史のある会社が運営しいてるVPSレンタルサービスです。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 4  3

 

 

KAGOYA「マネージドクラウド for WEB」

おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  3
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 2  5

 

 

WebARENA VPSクラウド

  • サービス名:WebARENA VPSクラウド
  • 運営会社:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 特徴/解説:NTTPCが提供する!メモリ512MB/SSD20GB/CPU仮想1コア 月額360円(税別)!
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 3  3

 

 

WebARENA SuiteX

  • サービス名:WebARENA SuiteX
  • 運営会社:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 特徴/解説:NTTPCが提供する!大容量【300GB】で月額換算1,361円(税別)と高コストパフォーマンスの「V2タイプ」
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
 4
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 3  3

 

 

WebARENA SuitePRO V4

  • サービス名:WebARENA SuitePRO V4
  • 運営会社:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 特徴/解説:NTTPCが提供する!スペックは最大でCPU仮想8コア、メモリ32GB、ディスク容量4,100GBまで拡張可能!
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  3
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 4  5

 

 

ServersMan@VPS

  • サービス名:ServersMan@VPS
  • 運営会社:株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
  • 特徴/解説:インターネット黎明期から品質の高さで定評のあったDTIが提供するVPSレンタルサービスです。月額490円~
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 3  3

 

 

海外のおすすめのVPSレンタルサービス

TIME4VPS

  • サービス名:TIME4VPS
  • 運営会社:Interneto vizija
  • 特徴/解説:リトアニアのVPSレンタル会社。2003年から続くホスティング会社の部門が運営しています。2年契約などの長期契約で半額程度に割り引きとなる。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4  5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
 4  3

 

 

 

強者はVPSをレンタルしてCPUマイニングを行って利益を上げている?

これはこのサイトの検索されてヒットする上位にCPUマイニングが常に上位に上がっているようにCPUマイニングはとても期待値が高いものです。

これを自分の家でやれば、ほとんど儲からないけど電気代より少し儲かる。古いPCが沢山あるし有効活用しようなんて思っているのですが、不在時にPCをフル稼働しておいておくなんて怖くてできません。

今どきのPCはかなりのハイパワーで発熱も凄いです。マイニングリグを設置するくらい気を使わないと危険です。

でも、それがLinuxであれば月数百円~のVPSで利用できるとしたら???

少しでも利益がでればみなそっちに走ります。一人クラウドマイニングです。

そういうことでしょう。日本のVPSなら月極なのでクラウドマイニングみたいに収支が出なくて大損するというリスクもありません。。

みんなこれを考えていたのでしょう。どうりでCPUマイニングに注目が集まるわけです。。

PoS(Proof of Stake)におすすめのVPSはどれ?

自宅のPCにソフトウェアをインストールするなんて恐ろしいことは一般人はしたくありません。(極端すぎ!!!)

Officeソフトウェアはインストールします。しかし、仮想通貨取引所にアクセスするPCにソフトウェアをあまりインストールしたくないのは当然です。

インストールはマイニングをする人達とプログラム開発者だけとなってしまいました。

そうです。

クリプトカレンシー(仮想通貨)をマイニングするのに必要となってくるのがサーバーです。家でマイニングリグをフル稼働してPoWのマイングをしている人にとってはレンタルなんて意味がないかもしれませんが、時代はプレマイン+PoSへ移行しようとしています。

そのため家で不安定な家庭用PCでOSを24時間365日稼働しておくよりもホスティング会社のレンタルVPSを利用するほうが最低限のメンテナンス、監視、火災の対策を行ってくれるので効率的になると思われます。

これからVPSの利用用途は主としてPoSやCPUマイニングのためということになってくるかもしれません。

 

 

ゲームのためにVPSをレンタルして利用する需要が高まっている!

MinecraftのゲームをするためにVPSをレンタルしているユーザーが多いそうです。Minecraftといえば仮想通貨とも関係ありそうな気もしますが、このような新しい使い方もあるようです。GMOのVPSレンタルサービスではすでに設定が済んでいるMinecraft専用のVPSメニューがあります。

 

VPSのコストパフォーマンスの原因はOSのライセンス費用!

基本的に家庭で利用されるようなPCにインストールして使うソフトをVPSで利用するとなるとWindows OSの需要が最も多い!のは仕方のないことです。

つまり、どんなにVPSでバーチャルに分割していてもMicrosoft社にOSのライセンス費用を支払う必要が出てきてしまいます。

他の固定費はホスティングの長い歴史の中でもう限界まで安くなっていますのでほとんどタダみたいなものです。

このため、難しいですがもし可能であればLinuxでも動かせるプログラムを選択するということはコストを押させるために有利な方法です。

 

安心感を求めるなら日本!低価格なら海外のVPSがおすすめ!?

日本ではほとんど大手2,3社が独占状態で宣伝効果もあり一番有名になっているところはGMOのVPSのレンタルサービスですが、他社も含めて本当に有意義なのはどこかという比較検討、ランキングまでしてみたいと思います。

といってもそれほど選択肢はありません。また、第一選択肢はやはり最大手、No.1のVPSサービスにするのがコストパフォーマンス、安定性の面で良いかと思います。

それでも一応見比べてから選びたいというのが人の心情です。

また、海外のレンタル会社は過去の実績を日本からは知る術がありません。何かあっても被害がでないようにしておきましょう。大事なKEYは置いておかない!

でも、クラウドマイニングに比較すれば格段にリスクは限られていますから良いと思います。

ただここで書いたようにどんなリスクがあっても平気なようにしようと考えると、

  • 大金を置いておくPoS!
  • 大事な自動売買ソフト!

こういう場合は日本のサービスがいいかもしれません!

日本のVPSもだいぶお得になってきましたので、よく知らない海外のVPSサービスにお金を預けるのはちょっと不安だと思います。


コインを買える取引所を探す

HOME
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る

RSS

 

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

 

<<お問合わせはこちらからどうぞ!>>