全ての投資にはリスクが伴います。日経225、ダウ平均、外国為替FX、BTCFXに使えるインジケーターは?CFTCのポジション公開にも注目!

↑詳しく見る(HOMEへ)

『外壁塗装見積もりサイト比較!』

『外壁塗装見積もりサイト比較!』

家を所有すると必ずメンテナンスが必要になります。

外壁塗装は一番大きなイベントと言えいます。

家の構造、壁の材質によって塗装の必要期間は変わってきますが、やはりいずれは必要なことです。

外壁塗装は飛び込みの営業をしにくる業者も多いかと思います。何の下調べもなく対応していては相場より高いのか安いのか全く検討もつきません。

少なくとも複数社から見積もりをとり、工事内容を確認して適正価格を把握しましょう。

契約するのはその後です。契約を急がせる業者はいいことがありません。

こちらで紹介しているサイトが必ずしも100%適正な業者だけを紹介するとは限りません。

見積もりを依頼する業者の選択肢を増やすためにご活用ください。

 

外壁の種類とメンテナンス

日本で見かける主な外壁の種類と特徴、必要なメンテナンスをリストアップしました。

外壁の種類 特徴 メンテナンス
モルタル吹付け塗装 防水シートとラス網の上にモルタルを吹き付けた壁です。その上に吹き付け塗装を施します。 ひび割れの補修や外壁の塗装が必要です。
モルタル、天然素材の塗り壁 カラーモルタル(色のついたモルタル)や珪藻土のような見た目の天然素材を現代建築の外壁に塗り固めて造った壁です。

ひび割れが起きやすい面がありますが、中にグラスファイバーなどの繊維を混ぜたりして防ぐこともできるようです。

ひび割れの補修が必要です。
窯業系サイディング 最も多いデザイン性に富んだサイディング壁です。模様や図柄を工場で型枠に入れて成形し塗装しています。建築時には防水シートを貼った構造用合板の上に空気の通り道と目地を作りながら固定していきます。

地震によりサイディングパネルが動くため目地部分は必ず必要となります。目地はコーキング材を充填していきます。

目地の再充填や外壁の塗装が必要です。
金属サイディング トタンやガルバリウム鋼板などの金属製のサイディングを貼り付けた壁です。目地はできないように折り目を付けて貼り合わせていきます。 壁が浮き上がったり、すき間ができていないかチェックしたり塗装が必要です。ガルバリウム鋼板の場合には再塗装期間は長くすることが可能です。
コンクリート系サイディング 窯業系サイディングとは材質が異なる非常に硬いコンクリート性のサイディングパネルを張り合わせた壁です。非常に頑丈ですがひび割れなどの心配があります。 目地の再充填や外壁の塗装が必要です。ひび割れがあれば補修が必要です。
ALCブロック壁(鉄骨造) 工場で塗装済みの軽量発泡性のブロックを繋ぎ合わせていく壁です。防音、断熱性に優れています。 外壁の塗装が必要です。
タイルパネル工法(鉄骨造) 予め工場で製造したタイルを貼り詰めたパネルを繋ぎ合わせていく壁です。鉄骨造の住宅や高層ビルなどで使われます。目地がありパネルが動けるようになっています。 目地の再充填や部品の取替え、タイルパネルの痛みをチェックします。表面が劣化している場合は塗装します。
タイル貼り(RC造) 鉄筋コンクリート(RC)造の構造物の表面にタイルやタイルパネルをモルタルや接着剤で貼り付けていく壁です。 タイルが浮き上がって剥がれかけていないか確認します。浮きがあれば再度、タイルを貼り付けていきます。傷んだだ目地を補修します。
コンクリート塗装(RC造) 鉄筋コンクリート(RC)造の構造物の表面に塗装した壁です。 塗装の劣化の状況によって塗装します。
打ちっぱなし(RC造) 鉄筋コンクリート(RC)造の構造物の表面をコンクリートむき出しの状態で見せている壁です。透明なコーティング塗装を施すことで苔などが生えて汚れるのを防ぐことができます。 高圧洗浄機などで汚れや苔などを落としてコテーィング塗装します。
レンガ積み 昔ながらの古い歴史的な建物に使われていることが多く、構造体と外壁の両方を兼ねています。 レンガが割れているところを補修します。
コンクリートブロック積み コンクリートブロックを鉄筋を入て組み上げた構造体で外壁を兼ねています。ブロックの上に塗装されることもあります。 割れたりヒビが入っているところは補修します。塗装が劣化していれば塗装します。
漆喰塗り 城や神社仏閣などの古い日本の建物に多く見られる壁で、竹の骨組みの上に漆喰を塗り固めて白い壁を作ったものです。 ひび割れの補修をします。古くなった場合は再度、塗り直します。
木質系壁(杉板など) 長屋のような古い日本家屋によく見られた壁で、表面を焼いた杉板を組み合わせていく壁です。時間が経過すると黒っぽくなりますが、軒下が雨を防いでくれると長期間維持することができます。 傷んだところを取り替えます。
ガラス壁 鉄骨や鉄筋造で固定部材でガラスパネルを固定して壁にします。商業施設などに多い壁です。 目地部分の補修が必要です。

基本的にどの種類の外壁であっても、窓枠などのサッシや通気ダクト等と外壁の継ぎ目部分の目地の再充填が必要になってきます。

 

外壁塗装見積もりは何社に依頼すればいいのか?

以下に紹介しているサイトによって、1社から最大6社まで見積もりを依頼できるサイトがあります。

何社に見積もりを依頼すれば適正な価格で工事が依頼できるかというと難しい問題です。見積もりを出す塗装会社が多ければ相場が分かりやすいですが、対応できる数も限られていますのでおよその目安を何社とするか?ということになります。

これらの見積もりサイトの中で言及してるサイトまでありましたが、3つ以上のサイトで見積もりを取るようにと書いてありました。1つのサイトで3社ではなく3つ以上のサイトで見積もりを取るということです。

すると、最低3社以上の訪問時の対応をしなければなりません。さすがに面倒だと感じるかもしれません。もっと多くの見積もりを見たいと思えば、増やすことになり、5社、6社と増えていくでしょう。しかし、限られた休みの日に対応できるのはそれくらいが限度だと言えます。

近所を見渡してみると分かると思いますが、塗装会社は規模の小さい会社がたくさん存在することが分かると思います。近くの業者の数を数えただけでも非常に多いことに気がつくはずです。

 

外壁塗装見積もりサイトおすすめ一覧

*こちらで紹介しているサイトであっても、契約する前には複数業社の見積もりを取り工事内容を十分に確認してから、慎重に契約を進めてください。

 『リフォームNavi』 

サービス名 リフォームNavi
運営会社 株式会社ジスターイノベーション
対応エリア 全国
施工実績
参考価格(外壁塗装一式) 平均55万円お得になったという調査結果も!
おすすめポイント 最大6社の業者に見積もり依頼を実施可能!
解説 『リフォームNavi』は株式会社ジスターイノベーションが運営する外壁塗装、リフォーム会社のマッチングサイトです。

全国500社以上の外壁塗装会社、リフォーム会社が登録されています。最大6社の業者に見積もり依頼を行うことができます。

 

 

 『ヌリカエ』 

サービス名 ヌリカエ
運営会社 株式会社Speee
対応エリア 全国
施工実績 利用者数470万人以上(2018年1月)
参考価格(外壁塗装一式) 753,000円(100平米、2階建てモルタル、ウレタン系塗料)、868,000円(100平米、2階建て、シリコン系塗料)、1,070,000円(100平米、2階建て、フッ素系塗料、コーティングとして無機系コーティング剤)
おすすめポイント 利用者数が470万人以上と非常に多い!
解説 『ヌリカエ』は株式会社Speeeが運営する外壁塗装見積もり依頼サイトです。利用者が470万人以上という最大規模のサービスです。

サイトから見積もり依頼後、『専門アドバイザー』が要望をヒアリングし、最適な業者を紹介します。その後、塗装業者が現地調査と見積もりを行います。

 

 

 『外壁塗装の駆け込み寺』 

サービス名 外壁塗装の駆け込み寺
運営会社 株式会社フェリキタス
対応エリア 全国
施工実績 紹介件数10万件以上(2015年3月)、利用者数80万人以上
参考価格(外壁塗装一式) 最大で50%安くなることも!
おすすめポイント 塗装業者の満足度に自信あり!外壁・屋根塗装の専任カウンセラーが在籍して相談にのってくれる!
解説 『外壁塗装の駆け込み寺』は株式会社フェリキタスが運営する外壁見積もり依頼サイトです。

見積もり依頼時に簡単な相場価格がわかるようになっています。

全国500社の外壁塗装業者の中から条件にあった業者、最大3社から見積もりをとることできます。外壁塗装業者は全国に20,000社以上あります。その中から厳選した業者を登録しています。

 

 

 『いえぬり』 

サービス名 いえぬり
運営会社 株式会社チームスマイル
対応エリア 全国
施工実績
参考価格(外壁塗装一式) リフォーム会社やアパート管理会社よりも40~50万円お得に!
おすすめポイント 2017年度 利用満足度92.3%!匿名での利⽤が可能!『お断り代行制度』!
解説 『いえぬり』は株式会社チームスマイルが運営する外壁見積もり依頼サイトです。最大で5社の塗装会社が紹介され見積もりをを取ることができます。

リフォームに関する資格を保有者した社員が担当して塗装業者を紹介します。

『いえぬり』の登録業者は中間マージンが発生しない自社直接施工の業者となっているためコストパフォーマンスに優れています。

 

 

 『リショップナビ』 

サービス名 リショップナビ
運営会社 株式会社アイアンドシー・クルーズ
対応エリア 全国
施工実績
参考価格(外壁塗装一式) 見積もり比較で40%お得になることも!
おすすめポイント 全国1,000社の塗装会社の中から最大5社に見積もり依頼が可能!
解説 『リショップナビ』は外壁塗装だけでなく、総合的なリフォーム依頼のポータルサイトです。登録されている施工業者数では業界第2位となっています。

『リショップナビ』のサイトから見積もり依頼をするとコンシェルジュが塗装会社を紹介してくれます。その後、塗装会社と連絡を取って現地調査後、最大で5社の業者に見積もりを依頼することが可能となっています。

 

 

 『ペンキ王』 

サービス名 ペンキ王
運営会社 株式会社ネクストステージ
対応エリア 東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城南部 栃木南部 群馬南部 宮城
施工実績
参考価格(外壁塗装一式) 45.9万円(外壁塗装30坪)
おすすめポイント 5~10年間の保証!日本ペイントの塗料を使用!不明瞭な追加料金は一切なし!

標準塗料としてシリコン塗料ではなくラジカル塗料を採用!

解説 『ペンキ王』は株式会社ネクストステージが運営する外壁塗装サービスです。

複数社へ一括見積もりを依頼するサイトではなく、塗装の元請け会社へ直接依頼します。もちろん、相見積もりを取って他社と比較して選んでも問題ありません。

低価格、高品質にこだわった外壁塗装サービスです。

ネットから申し込む外壁塗装サービスは訪問販売とは異なるため、クーリングオフの対象外となりますが、『外壁塗装のペンキ王』では特別に下記のような制度を定めているそうです。

*ペンキ王の場合は、消費者から依頼があってご自宅にお伺いするサービスとなっておりますので、基本的にはクーリングオフの対象外となります。
しかし、ペンキ王はお客様の「安心」のため、消費者にとって有利な契約を定め、クーリングオフの条項を設けております。

 

 

 『外壁塗装の窓口』 

サービス名 外壁塗装の窓口
運営会社 株式会社Q
対応エリア 全国
施工実績 利用者数10万人以上(2015年1月)
参考価格(外壁塗装一式) 平均して40万円お得に!
おすすめポイント 全国500社以上の優良加盟店から見積り。専門知識を持った女性担当相談員が担当。
解説 『外壁塗装の窓口』は日本最大規模の外壁塗装見積もりサービスです。口コミ、評価の高い業者人気塗装店500社以上が登録されています。

複数業者の見積もり結果を比較して自分が選んだ業者と契約を結ぶことができます。

サイトでは簡単に外壁塗装の相場を調べるフォームから申し込むことができます。

 

 

 『アイネットコープ埼玉の外壁塗装』 

サービス名 アイネットコープ埼玉の外壁塗装
運営会社 生活協同組合アイネットコープ埼玉
対応エリア 埼玉県
施工実績 1,005件(2015年)
参考価格(外壁塗装一式) 398,000円(税抜)(塗装面積80平米、外壁用水性セラミック変成シリコン樹脂塗料)
おすすめポイント 5年保証。リフォームローンあり。期間限定の金利0%キャンペーンなどあり。
解説 埼玉県の住まいに関するリフォーム事業を提供するために設立された協同組合です。

埼玉県に在住か埼玉県に勤務先がある方のためのサービスとなります。

少額(数千円程度)を出資して組合員になって利用することになります。組合員が安心してリフォームを行えるように設立された協同組合です。

 

 

壁がない家は塗装の心配も要らない?

長屋方式の家の場合、真ん中に挟まれた家は壁がありません。

自分の家の壁を見たことが無いという感覚です。窓も両隣の家と比べると1面分少ないわけですが、外壁塗装の心配はありません。

ただし、屋根の塗装は必要でやはり外壁塗装と同じように屋根の塗装も考えなくてはいけません。

しかし、屋根で塗装が必要な屋根は最近はあまり見なくなりました。いわゆるトタン屋根くらいだと思います。

今ではほとんど使われることがなくなったトタン屋根の家は外壁塗装と同様に屋根の塗装も考えなければなりません。しかし、設計事務所が中心に使い始めたガルバリウム鋼板は非常に丈夫で塗装の心配は殆どないと思います。アルミメッキなのでサビというのは出ても白いものですしほとんど劣化しない皮膜を作っていきますのでメンテナンスは考えなくてもいいと思われます。

ただし、スレート瓦という薄い板を敷き詰めた構造の屋根は見た目の維持のためにも塗装をするケースがよくあります。

 

日本の戸建住宅で一番多いのが窯業系サイディング壁

ほとんどの住宅がこれを使っていると思いますが便利で見た目がいいということで多量に使われています。

見た目は生産工場で好きなように型枠で模様を付けて塗装で色や柄を付けられるのでほとんどの天然材料の代替品のような見た目を楽しむことができます

このため非常にたくさんの家で採用されています。

 

サイディング壁といえば塗装、目地のコーキングも打ち直しが必要!

壁がサイディングだった場合、外壁塗装とは一生離れられない関係にあると思ったほうがいいでしょう。

昔の家のように軒下が長く突出した家は見た目が近代的ではないという理由で木造住宅なのにRC造のビルのように軒下がほとんど無い家が増えています。

これは見た目だけの問題というのもありますが、容積率計算に入ってしまうので軒下は極力少ないほうがコスパがいいということがこれだけ広がった理由でもあるのでしょう。

ただ、問題もあって軒下が短いと外壁に直接雨が当たることが増えて、太陽光もよく当たることになります。こうなるとやはり外壁の塗装や目地のコーキングの劣化が激しくなります。

劣化すると塗装はハゲるくらいで済みますが、コーキングは無くなってしまい雨水が壁と家のすき間に入り込んでしまいます。もちろん、それでも平気なように作られていて家の木の板の外側にビニールが貼られていますので直接木が濡れることはないのですが、何故かサイディングを固定するための木だけはむき出しのまま出ているので濡れることになります。

それでも雨ざらしのものと比べると格段に長持ちするので全然マシだとは言えます。

軒下が十分にある家ならば、外壁塗装はボロボロに落ちてしまい見た目が悪いという理由だけで塗装すればいいでしょうが、軒下が短い家は実質的な問題があるために早く塗装をしなければならなくなるでしょう。

つまり定期的に外壁塗装工事の費用を捻出していかないとならないのです!

 

昔の日本家屋は外壁は杉の板だったのに外壁はノーメンテナンスだった!

昔、外壁が杉板を木枠にはめ込んでいくような住宅がありました。もうほんとうに昔からの伝統的な手法の家です。

これは木そのものなのになぜか50年とかノーメンテで平気なのです。寺院などを見れば分かりますが、軒下がしっかりと長くて守ってくれているのです。

だから木であってもこれだけ長く腐敗せずにいい状態を保つことができるのです。

 

家の補修は非常に面倒なこと!一人暮らしならマンションに住んだほうが楽でいい!

もしも、高齢になって女性一人だったらよほど建築の知識がない限りはマンションに住んだほうがいいと思います。

家一軒分のメンテナンスをトータルに適正価格で業者に工事してもらうことは不可能に近いのではないかと思うほど大変なことです。

現実に高齢者に高額リフォームの事例が多いことがTVなどで話題になっていますが、ほんとうに分からないことを見積もりを出してもらって、安いか高いか分からない上に屋根とか床下とか見えない所を工事してもらっていくら払うという非常に難しい問題が出てきます。

その点、管理組合があるマンションはリフォームを大勢で考えて検討することができるので楽でいいと思います。家のメンテナンスで悩まされている人は羨ましいくらいだと思います。

 

楽なかわりにマンションはやはり修繕費が割高になる?

マンションのメンテナンスは構造物が大きいのと業者とのやりとりが難しいので高額になりがちです。そしてまとめて修繕費用を払っていくのでどうしても割高になってしまうのは仕方ないことだと思います。

高層階があれば2階だての戸建住宅よりも費用がかかるのは当然のことです。

そして、マンションは工事をするタイミングも早めに行っていく傾向が強いと言えます。戸建ては自由に限界ギリギリまで引き伸ばすことができますので、慣れてしまえば安く済ますことも可能です。

 

戸建住宅の最大のメンテナンスである『外壁塗装』をどうやって攻略するか?

これは最近の業者は情報を開示してくれているところも多く、塗料、コーキング剤、工事手順をサイトで公開しているところがあります。そういうのを見てどういうことをするのか覚えてしまいましょう。

そして、それと合わせて自分の家の図面を見て面積を計算して、あとは相場を探っていき、いい感じの業者を選び出し、適切な時期に工事を依頼するということで上手くいくのではないかと思います。

 

アパート経営オーナーも自分でメンテナンスを考えなければならない!

マンション一室の不動産投資物件ではなく、アパート1棟を運用するオーナーさんは自分でこれらのメンテナンスを都合をつけてやらなくてはいけません。

1棟買えるような賃貸物件は低層の木造家屋が多いと思いますので、戸建てのリフォームの知識が活かせるところです。

 

簡単に言うとボッタクリや手抜き工事でなければ『いいと思う!』

飛び込み営業が全て悪いとは言いませんが、家がつながっているタイプの長屋タイプの家に住んでいた時のことです。

ある日隣の家が雨漏りが酷くて業者を頼んだというのです。そうしたら、その業者がうちにもやってきて、

『屋根はつながっているんだから一緒に直したほうがいい、足場は一緒にやれるから無料にする!』『今だからこれだけ安くしましたよ!』

といって見積書を持ってきて母親に説明しているではありませんか?

もう契約書にハンコを押す直前で、たまたま会社を休んでいた私に母が『一応、こういうのやるからって伝えておこうと思って~』とかいって、安くしてくれたのを嬉しそうに見せてくれます。

その額、150万円(税抜き)でした。

『カードで分割払いができるのよ~!』と私に言ってきました。

その前にもガス給湯器とバスタブを取り替えるのに色々面倒な工事で50万円の支払いをしたばかりです。この時は私が不在の時でした。

商談になると頭の中が真っ白になってしまいお金を払うのに嬉しそうに払おうとするのです。それも自分が払うんだからといって家族のお金から支払おうとするわけです。

この人に貯金を持たせていたらあっという間に残高が0円になる。といういわくつきの母です。

そうです。本来は父親が居れば、そんな業者は即追い払っていたんですが、、、その時はすでに亡くなっていて新入社員1年目の自分が何とかしなければならないという状況でした。

さて、そこで、いきなり150万円の工事の話です。

全く分かりません。車さえも買ったことがなかったのでそんな高額な買い物はしたことがありません。

ただ、『隣の家の足場を使わせてあげる。。。』というのがひっかかっていて、『うちも雨漏りが酷いんだから!』とその場になって始めて言われた言葉に驚いて、『要らない!』と即答で断ることができませんでした。

そして、その営業の人とはほとんど喧嘩腰しで喋っていました。昔はそういうやり方をする業者が多くいました。

その営業は今で言えば、『完全に胡散臭いんですが、』しまいに『もう、帰ります!』といって振り返りドアを開けて出ていこうとしました。

営業が勝負に出てきました。

しかし、人生経験の浅い私は思わず、引き止めてしまいました。。。

『せめて隣の家がいくらで工事を依頼しているのかだけ教えてくれないか?』と聞きました。

そして『隣の家に挨拶に行かせてくれ!』と私は言いました。

今思えば、未経験の私があの状態にしてはよくできたなと思いますが、まあ、驚いたのが2部屋程度しかない家のトタン屋根の張替えに150万円で驚いていたのですが、隣の家の見積書は330万円くらいと書いてあったのが見えました。

それが値引き前の見積書だったのかもしれません。

しかし、それにしても高すぎじゃないですか???

どっちだったのでしょうね?

いまだに分かりません。

というわけで、知識がない人、特に中高年の女性などがリフォームの訪問営業に遭遇する確率が高いので本当に気をつけたほうがいいですよという話でした。

しかし、給湯器のときも自分から電話して呼んでますし、今回も隣の家が雨漏りが酷いからと電話で呼んだ訳ですから、訪問販売ではなかったのです。

ですから、断るときにはちゃんと断らないといけません!

その営業は一級建築士の免許も持っていたらしく名刺に印刷していて、おそらくどこかの設計関連の仕事から転職してきたのだと思います。がんばって再起をかけて営業をしていたんだなと思います。

結局、こういうのは相場と工事内容を把握してないから、きゅうりが10円高いということには気がつく主婦が工事が数十万円高いことには気が付かないのです。

おまけにどのような工事をしなければいけないのかを全く把握していません。

これが問題の原因だと思います。

相場が分かっていれば、近所の塗装屋さんに飛び込みで入っていって、自分で商談をして値段を交渉して話を詰めていけばいいわけです。自営業をやっている人なんかはこういうのは慣れてると思います。

建築士ならば『施工管理』ということが当たり前にできるのですが、違う職種の人には少しだけ難しいことです。

 

『リフォーム』に関するニュース

1 2 3


コインを買える取引所を探す

HOME
今月のイベントを見る!
チャートウインドウを開く!
戻る

RSS

 

 

非常に多くの方に読んで頂けたことを感謝しています。より良い情報を発信できるよう努めて参ります。

 

<<お問合わせはこちらからどうぞ!>>